《 サッカー人物伝 》 ジャン=ピエール・パパン

スポンサーリンク
「マルセイユの高性能爆撃機」ジャン=ピエール・パパン( フランス )

決して大柄ではないが、鋭いダッシュと抜群のジャンプ力を生かしたヘディングでゴールを量産。その右足から放たれる正確かつ強烈なシュートで「高性能爆撃機」の異名を持つFWが、 ジャン=ピエール・パパン( Jean=Pierre Roger Guillaume Papin )だ。

運動能力が高く、「ラ・パピナード」と名付けられたアクロバティックな空中ボレーを得意とした。マルセイユでは5季連続で得点王を獲得、チャンピオンズ・カップでも3年連続で得点王となる。その活躍で91年にはバロンドール賞に輝き、フランス史上最高のストライカーと呼ばれた。

Wカップには86年のメキシコ大会に出場、限られた出場機会で2得点を記録する。しかしこのあとフランス代表が低迷期を迎えてしまったため、ピークの年齢でWカップを戦うことが出来なかった。

点取り屋の誕生

パパンは1963年11月5日、フランス北部の沿岸都市ブローニュ・シュル・メールで生まれた。父親はプロサッカー選手のガイ・パパン。両親が離婚したあと、母方の祖母が暮らすモルトンゲンで少年時代を過ごす。

13歳の時、2部リーグ所属するヴァランシエンヌの下部組織に入団、15歳でセミプロとしてプレーするようになる。84-85シーズン、21歳でトップチームデビュー。35試合に出場して16ゴールを記録した。

シーズン後半には12試合で11ゴールを挙げる活躍。そのストライカーとしての能力を認められ、85-86シーズンにはベルギーの名門、クラブ・ブルージュに移籍する。

まだそれほどの実績もなく、ベルギーの名門クラブでパパンには厳しい目が向けられるが、リーグ戦31試合で20得点とゴールを量産。国内カップ戦も8試合で7ゴールを挙げる大活躍で、ベルギー杯制覇の原動力となった。

ワールドカップ出場

フランス代表には86年2月に初選出。26日の親善試合、北アイルランド戦でデビューを飾った。そしてこのままWカップ代表メンバーにも選ばれるが、当時22歳、フランスではまだ無名だったパパンの選出は、国内ではサプライズとして受け取られた。

86年5月、Wカップ・メキシコ大会が開幕する。パパンは1次リーグ初戦、カナダ戦の先発FWに抜擢され、大舞台で「将軍」ミッシェル・プラティ二との共演を果たす。

大会初出場のカナダは、優勝候補フランスを相手に大健闘、試合は0-0のまま終盤を迎えた。79分、カナダのGKポール・ドランがクロスボールの処理をミス。そこへすかさずパパンがゴールを押し込む。

結局これが決勝点となり、フランスが苦しみながらも1-0と初戦を勝利する。第2戦は、名将ヴァレリー・ロバノフスキー率いるソ連との戦い。見応えのある攻防が繰り広げられた試合は、1-1の引き分けとなった。

最終節はハンガリーとの対戦。フランスは開始から優位にゲームを進め、前半で1-0のリード。61分にパパンが交代で退いた直後、ティガナの追加点が生まれる。84分にはパパンに代わって投入されたロシュトーが、プラティ二のアシストで駄目押し点、3-0と圧勝する。

輝けなかった世界の舞台

フランスはソ連に続く2位で決勝トーナメントに進出、そして1回戦では強敵イタリアとの好カードとなり、FWにはパパンに代わってロシュトーが起用された。

12分、ロシュトーのパスに抜け出したプラティニが先制点、85分にも追加点が生まれて2-0の快勝を収める。だがパパンの出番は、最後まで訪れなかった。

準々決勝は、「夢の対戦」と言われたブラジルとの試合。プラティニとジーコの司令塔対決が注目された。ゲームはまさに屈指の名勝負となり、延長・PK戦の末フランスがブラジルを退ける。しかし2戦続けて先発を外されたパパンが、この歴史的一戦に加わることはなかった。

準決勝の西ドイツ戦も、パパンはベンチスタート。最後までピッチに立つことはなく、フランスは0-2の完敗を喫してしまった。

若手中心で臨んだ3位決定戦で、パパンは4試合ぶりに先発出場する。初戦以来となるゴールを挙げ、ベルギーに延長戦で4-2と勝利。フランスは3位を確保した。

マルセイユの絶対エース

ベルギーで大活躍したパパンは、ディヴィジョン・アンのオリンピック・マルセイユと契約。W杯終了後の86-87シーズンにフランスへ戻る。

この年の4月に、フランス実業界の風雲児、ベルナール・タピがマルセイユの会長に就任。その豪腕と財力を使い、パパン、アラン・ジレス、カール=ハインツ・フェルスターといった実力のある選手をかき集めていた。

86-87シーズン、パパンはリーグ戦13ゴールを挙げてエースの座を確立。チームも前年12位から2位へ躍進した。87-88シーズンには19ゴールを記録、初のリーグ得点王を獲得する。

88-89シーズンにはフランチェスコリカントナといった強力なタレントたちが加入。陣容を充実させたマルセイユは圧倒的な強さを見せ、17シーズンぶりのリーグ優勝とフランス・カップ制覇を果たす。パパンはリーグ戦22ゴールを記録、2季連続得点王に輝いた。

その後選手の入れ替えもありながら、マルセイユはジャン・ティガナ、バジール・ボリ、アベディ・ペレ、ストイコビッチといったタレントを続々と補強。国内では無敵のチームをつくりあげ、リーグ4連覇を達成する。

バロンドール受賞

パパンが特に親交を結んだチームメイトは、89-90シーズンに加入したイングランドのクリス・ワドル選手。二人は最初の出会いから意気投合、家族ともども数ヶ月間自宅に住まわせ、試合でも息の合ったプレーを見せる。

そしてワドルの供給する正確なクロスは、僚友パパンの活躍を助けた。89-90シーズンは30ゴール、90-91シーズンは23ゴール、91-92シーズンは27ゴールと、二人のホットラインでゴールを量産。パパンはワドルの力を借りて5年連続得点王を成し遂げる。

89-90シーズン、マルセイユは欧州チャンピオンズ・カップで初のベスト4入り。大会6ゴールを挙げたパパンは、PSVのロマーリオとともに得点王に輝く。

翌90-91シーズンはチャンピオンズ・カップの決勝へ進出。レッドスター・ベオグラード(ツルベナ・ズベズダ)に延長・PK戦の末敗れてしまったが、大会6ゴールのパパンは2年連続で得点王となった。

91-92シーズンのチャンピオンズ・カップでは2回戦敗退を喫したものの、パパンはハットトリックなどで7ゴールを記録、3年連続得点王に輝く。こうして世界屈指のストライカーと認められた彼は、91年のバロンドール賞に選ばれ、同年に創設されたFIFA最優秀選手賞で2位になった。

崩壊するスター軍団

92-93シーズン、当時の最高額となる移籍金でACミランに移籍。フランス人としては、プラティニに続くセリエAでのプレーとなった。

ファン バステンフリット、サビチェビッチ、マッサーロ、シモーネといった豪華メンバーが揃う中で、パパンはリーグ戦22試合に出場、13ゴールとその実力を証明した。

移籍1年目のシーズン、ミランはリーグ2連覇を達成し、チャンピオンズリーグ(92年から改称)の決勝にも進出。その相手は、前年まで在籍したマルセイユだった。

試合はボリのゴールでマルセイユが先制。パパンは後半58分から交代出場を果たすが、得点を挙げられず0-1と敗北。パパンはピッチで歓喜する元チームメイトたちを眺めることになった。

しかしこの後マルセイユの八百長事件が発覚、タピ会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、ストイコビッチやデサイーなど多くの選手がチームを離れていった。

ペナルティーを受けたマルセイユは2部リーグに降格、タピ会長も辞任を余儀なくされ、クラブの黄金期は終幕を迎える。

93-94シーズン、パパンはサビチェビッチやボバンに出番を奪われ、外国人枠の制限もあり出場機会が激減。リーグ戦には18試合に出場、5ゴールの記録に留まってしまった。そしてカペッロ監督の戦術にも馴染めず、94-95シーズンにはバイエルン・ミュンヘンへの移籍を決める。

フランス代表の低迷

プラティニ引退後、フランス代表は低迷。88年の欧州選手権と90年のWカップ出場を逃し、92年の欧州選手権本大会に出場するも、パパン、カントナら多くのタレントを擁しながら、1勝も挙げられずにG/L敗退を喫していた。

92年の9月から、Wカップ・アメリカ大会の欧州予選が開始。98年の自国開催を控え、是が非でも本大会出場を決めたいフランスだったが、初戦からストイチコフ擁するブルガリアに0-2と敗れ、不吉さを予感させるスタートとなった。

その後持ち直したフランスは勝ち星を重ね、残り2試合(いずれもホーム)で1勝を挙げれば予選突破、というところまでこぎ着ける。

しかし93年10月のイスラエル戦は、ロスタイムに得点を奪われまさかの逆転負け。Wカップ出場は、勝点差1まで迫ってきたブルガリアとの最終戦にもつれ込んだ。

「谷間世代のエース」

11月17日、パリのスタジアムで、Wカップ出場を懸けたブルガリアとの試合が行われた。前半32分、クロスボールをパパンが頭で落とすと、それをカントナが蹴り込んでフランスが先制する。だがその5分後、ブルガリアの同点弾を許してしまう。

1-1となった試合は終盤戦に突入、このまま引き分けなら、勝点で1つ上回るフランスが本大会出場となるはずだった。そして終了直前の89分にCKを得たフランスは、時間稼ぎのボールキープを狙ってショートコーナーを選択した。

しかしショートコーナーのパスを受けたジノラは、何を思ったかゴール前へクロス。ボールはカントナの遙か頭上を超えてゆき、ブルガリアに拾われてカウンター攻撃を喰らってしまう。

速攻によるボール繋ぎから、前線のペネフがポストプレー、そこへ抜け出したコスタディノフに決勝のゴールを決められてしまう。

こうしてフランスはまたも土壇場で逆転負け。最後の最後でブルガリアに抜かれ、Wカップ出場を逃してしまうという大失態を演じた。

この失態は「パリの悲劇」と呼ばれることになるが、奇しくも日本が「ドーハの悲劇」に沈んだ20日後の出来事であった。

このあとエメ・ジャケ監督が指揮を執ることになったフランス代表は、ジダンを中心としたチームに切り替わってゆき、パパン、カントナ、ジノラといった旧世代の攻撃陣は代表に呼ばれなくなる。パパンは10年の代表歴で54試合に出場、30得点の記録を残した。

98年、フランスは自国開催の大会でWカップ初優勝。パパンは、プラティニとジダンの時代に挟まれた「谷間世代のエース」という悲哀を味わうことになった。

その後のパパン

バイエルン・ミュンヘンでの活躍を期待されたパパンだが、移籍したシーズンは膝の故障もあり1ゴールに終わってしまった。

翌95-96シーズンも20試合で僅か2ゴール、UEFAカップ優勝に貢献するなど時おり往年の輝きを見せたが、クラブの説得を振り切ってバイエルンを退団することになった。

96年に移籍したボルドーでは16ゴールと復調の気配を見せるも、若手の台頭で次第に出番を失っていく。98年には2部リーグのギャンガンへ移籍、99年に35歳で現役を引退した。

引退後は指導者の道を進み、フランス各クラブの監督を歴任。20年6月からは、フランス4部(アマチュアリーグ)に属するシャルトルの監督を務めている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク