タイガー・ウッズ 自動車事故で重傷

スポンサーリンク

ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズが、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の道路で乗用車を運転中に単独事故を起こし重傷を負った。意識はあって命に別状はないようだが、右脚を粉砕骨折、他にも折れた右すねや足首をボルトで固定する手術を受けたようだ。

事故現場の道路は緩やかなカーブの下り坂。自身がホストを務める「ジェネシス招待」のロゴが入った現代自動車のSUVを運転し、中央分離帯を乗り越えて反対車線の縁石に乗り上げ、何回転もして道路脇に突っ込んだと見られている。

現場は去年から13件もの事故が起きていたという、“事故多発地域”。ロサンゼルス群の保安官事務所の発表では現場にブレーキ痕は無く、車は高速で走行していたとの見解を示した。

だが薬物服用や飲酒運転の証拠もなく、警察の発表では「無謀運転の疑いはない」として、タイガーが刑事罰に問われることはなさそうだ。

ウッズは09年11月にも自動車事故を起こしており、この事故を発端に愛人スキャンダルが発覚、翌年には妻とも離婚している。そのあと度重なる故障にも見舞われ、長い低迷期に入った。

また17年5月にはフロリダ州で運転中に酩酊状態となり、駆けつけた警察によって「違法運転」の容疑で逮捕。腰の手術を受けての、「鎮静剤と精神安定剤の副作用によるもの」との釈明を行っている。

それでも18年9月の「ツアー選手権」で復活優勝、19年のマスターズも制しメジャー15勝目を挙げた。また同年10月に日本で行われた「ZOZO選手権」では、歴代最多に並ぶ米ツアー82勝目を記録している。

手術は無事成功したようだが、退院日や完治にかかる期間はまだはっきり分からないようだ。複雑骨折となれば、リハビリも含めて完治に最低1年、試合に出れられるまでは3年かかると予想される。

場合によっては、障害が残るなどトッププレイヤーとしての復活は困難となる可能性も考えられ、目標に掲げてきたメジャー最多優勝記録(18勝)の更新は厳しくなった。

そんなタイガーには、メジャー最多優勝記録を持つジャック・ニクラウスさんを始め、ゴルフ界、スポーツ界、その他関係者から多くの応援のメッセージが寄せられている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク