2021年03月一覧

A代表韓国戦 & 五輪代表アルゼンチン戦

25日、国内では1年4ヶ月ぶりとなるサッカー日本代表の親善試合、韓国戦が日産スタジアムで行われた。試合は序盤から日本のペース、テンポの良さと流れるようなパスワークで韓国を圧倒する。開始6分に鎌田が最初のシュート、惜しくも枠を外れていった。

《 サッカー人物伝 》 ルイス・フィーゴ

サイドラインを直線的に切り裂く破壊力と、キレ味鋭い切り返しでDFを置き去りにしたドリブラー。創造性とキックの精度、得点能力の高さも持ち合わせ、ポルトガル史上最高の選手の一人と言われた。バルサからレアルへの禁断の移籍は、世間を大いに騒がせた。

横綱 鶴竜 引退

大相撲の第71代横綱で、6度の幕内優勝を果たした鶴竜 力三郎(本名マンガラジャラブ・アナンンダ)が、24日に現役を引退した。ここ数年ケガに泣かされ、昨年7月場所から5場所連続で欠場。この3月場所も、場所前の稽古で痛めた左太腿のケガが完治・・

平成の三四郎 古賀稔彦さん死去

92年のバルセロナオリンピックで柔道金メダルを獲得。背負い投げを得意とし「平成の三四郎」として知られた古賀稔彦さんが24日の朝亡くなった。古賀さんは一昨年にガンが発覚、去年の6月に手術を受けて川崎市の自宅で療養に努めていたという。享年53歳。

《 サッカー人物伝 》 ロナウド

スピード、テクニック、身体能力、得点感覚と、FWに必要な資質を高い次元で兼ね備えた驚異のストライカー。爆発的な突破とやすやすとゴールを陥れる力で「フェノメノ」と呼ばれた。2度W杯優勝を経験、FIFA最優秀選手とバロンドール賞に何度も輝いている。

《 サッカー人物伝 》ラモス瑠偉

20歳で来日すると、ブラジルスタイルで一時代を築いた読売クラブの象徴的存在となり、長いキャリアを過ごした日本サッカー界に大きな足跡を残した。帰化後33歳で日本代表入り。チームの司令塔となりWカップ初出場を目指すが「ドーハの悲劇」に涙を飲んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク