スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京五輪サッカー グループ組み合わせ決定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京オリンピック、男女サッカー競技のグループリーグ組み合わせ抽選会が、21日にスイス・チューリッヒで行われた。

抽選の結果、A組に入った日本男子チームの対戦相手がフランス(U-21欧州選手権4強)、メキシコ(北中米カリブ海1位)、南アフリカ(U-23アフリカ選手権3位)に決まった。

厳しいグループに入ったが、マスコミが煽るほど「死のグループ」というわけでもない。スペイン、アルゼンチン、エジプトの入ったC組や、ブラジル、ドイツ、コートジボワールの入ったD組だってかなり厳しいグループだろう。

選手層が厚くタレント揃いと言われているフランスだが、なんといっても個人主義の国。強力なリーダーがいない時は脆さを見せることもしばしばで、そこに付けいる隙がある。

あのエムバペもこの年代だが、A代表の欧州選手権を優先する可能性が高く、オリンピックには不参加の見込みだ。

メキシコの五輪代表チームとは、19年6月のトゥーロン国際準決勝で対戦。このときは1-2とリードされた後半終了直前に追いつき、延長戦に持ち込んた末、PK戦を制して日本が決勝へ勝ち上がっている。

この試合で活躍したのが、今や川崎フロンターレの主力となった田中碧、旗手怜央といった選手たち。試合巧者で手強い相手だが、充分互角に戦える。

南アフリカとは、冨安健洋選手らを擁したチームで17年のU-20W杯で対戦、2-1と勝利している。A代表の世界ランクでは日本が上だが、要警戒の相手。

試合日程は、初戦の南アフリカ戦が7月22日(味の素スタジアム)、第2戦のメキシコ戦が25日(埼玉スタジアム)、第3戦のフランス戦が28日(日産スタジアム)となっている。

日本女子チームが対戦するのは、カナダ(北中米カリブ海2位)、英国(欧州3位)、チリ(南米2位)といった顔ぶれ。初出場のチリ以外、実力の伯仲したチームが揃ったグループだ。

カナダは、レジェンドプレーヤーのクリスティン・シンクレアが健在。次世代エースのウイテマも要注意だ。

英国は日本が過去3回対戦して3敗の難敵。優勝した11年のWカップでも唯一黒星を喫した相手だ。この英国との対戦結果が、1次リーグ突破の大きな鍵となりそうだ。

チリは普通に戦えば勝てる相手。ここで勝ち点3を落とすようでは望みはないだろう。

試合日程は、初戦の南アフリカ戦が7月22日(味の素スタジアム)、第2戦のメキシコ戦が25日(埼玉スタジアム)、第3戦のフランス戦が28日(日産スタジアム)となっている。

試合日程は、初戦のカナダ戦が7月21日(札幌ドーム)、第2戦の英国戦が24日(札幌ドーム)、第3戦のチリ戦が27日(宮城スタジアム)となっている。

タイトルとURLをコピーしました