アイルランド魂の役者 スペンサー・トレーシー

スポンサーリンク

ハリウッドの名優

スペンサー・トレーシーといえば、米アカデミー賞主演男優賞ノミネート9回、ゴールデングローブ主演男優賞ノミネート4回を誇るハリウッドの名優。37年の『我は海の子』と38年の『少年の町』では、立て続けに主演賞のオスカーを獲得している。

決して美男俳優ではないが、『少年の町』のフラナガン神父、『花嫁の父』のエリザベス・テイラーの父親、『老人と海』の孤独な漁師、『ニュールンベルグ裁判』の老判事など、一徹で誠実な男性像を演じ、アメリカの観客に広く支持された。

こうした役柄から、善良で落ち着いたイメージをもたれがちなトレーシーだが、実際はアイルランド系そのものの激しい気性の持ち主。初めの頃は殺人者やギャングなど、荒くれ者の役がほとんどだったという。

そんな性格で周囲との衝突も絶えなかったというが、名女優のキャサリン・ヘプバーンとは公私にわたるパートナーシップを結び、長く名コンビぶりを見せている。

舞台俳優から映画界へ

スペンサー・トレーシーは1900年4月5日、ウィスコンシン州のミルウォーキーで生まれた。父親は自動車工場の重役ながら、喧嘩っぱやいアイリッシュとして知られ、息子のスペンサーもその血筋を引き継ぐ。

アイリッシュにとって喧嘩は成長のための通過儀礼。スペンス少年は町でも学校でも喧嘩に明け暮れ、何度も退学処分になって、高校卒業まで15回も転校を繰り返したという。

1921年、医者を目指して地元の大学に進むが、演劇に興味を抱き、翌年ニューヨークに出て演劇アカデミーで演技を学ぶ。

そして卒業後に舞台俳優としてデビューを果たし、ドサ廻り公演で力をつけて、徐々に若手の演技派としてブロードウェイで頭角を現していく。

1920年代後半、『ジャズ・シンガー』(27年)の成功で映画はサイレントからトーキーの時代に移り変わり、ちゃんと台詞を喋れる役者が必要とされた。そこでニューヨークで活躍する多くの舞台俳優が、ハリウッドに引き抜かれていく。

スペンサー・トレーシーも、一度スクリーンテストを受けようとハリウッドの撮影所に向かうが、「背が低い(165㎝)」「醜い。といって悪役が出来るほどでもない」の理由で門前払いされてしまったそうだ。

こうしてブロードウェイに戻ったトレーシーだが、舞台初主演作『The Last Mile』がヒット。その舞台を観た、同じアイリッシュ系のジョン・フォード監督にスカウトされ、『河上の別荘』(30年)の主役に抜擢されることになる。

ちなみに、この映画で同じく映画初出演を果たしたのが、終生トレーシーの親友となるハンフリー・ボガートである。

トレーシーが男臭い脱獄囚を演じた『河上の別荘』はヒット。数年前に彼を「醜い」と言って門前払いした20世紀フォックス社とも契約を結ぶ。

ハリウッドきっての演技派俳優へ

トレーシーの演技は高く評価され、5年間で20作以上に出演するも、その顔立ちから与えられるのは悪役や荒くれ者の役ばかり。これに不満を抱いた彼は、「こんな愚作に出れるか」と平気で会社に文句をつけ、監督とは殴り合いの喧嘩をした。

酒で暴れてはセットを壊し、警察のお世話になることもしばしば。トレーシーに手を焼いたフォック社は、ついに彼との契約を打ち切ってしまう。

そんなトレーシーを救ったのが、彼の才能を評価していたMGM社の製作部長、アーヴィング・タルバーグ。大反対するルイス・B・メイヤー社長を「彼はMGMで最も貴重なスターとなる」と説得し、問題児を迎え入れた。

その期待に応え、36年に主演した『激怒』(フリッツ・ラング監督)が好評価。同年にクラーク・ゲーブルと共演した『桑港 / サンフランシスコ』が大ヒットを記録する。トレーシーはアカデミー賞主演男優賞に初のノミネート、映画スターの道を歩み始める。

翌37年の『我は海の子』(ヴィクター・フレミング監督)ではポルトガル漁師を好演、アカデミー主演男優賞に輝く。38年の『少年の町』で不良少年を更生させる実在の神父を演じ、2年連続で主演賞のオスカーを手にする。

トラブルの数々

こうしてハリウッドきっての名優としての地位を確立。ドル箱俳優としても、38年から51年の間に10度の “マネー・メイキング・スター” トップテン入り。クラーク・ゲーブルを凌ぐMGMの稼ぎ頭となる。ゲーブルとの仲は良かったが、MGMトップスターの座を巡っては、激しい敵愾心を見せたという。

しかし大スターとなっても彼の荒い気性は変わらず、作品の内容や序列をめぐってたびたび監督や俳優仲間と衝突する。

55年にウィリアム・ワイラー監督のサスペンス劇『必死の逃亡者』への出演が決まるが、クレジット第一位の序列を争って親友のハンフリー・ボガートと対立、結局降板してしまった。

56年には西部劇『悪人への貢ぎ物』の撮影に臨むも、当時新人監督だったロバート・ワイズ(のちに『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』を監督)を侮り、我がままのし放題。

撮影には遅刻する、監督の支持には従わない、ついにはロケ地が気に入らないから変えろと言い出す始末。これには若いワイズ監督も大激怒、大先輩のトレーシーをクビにしてしまう事件にまで発展する。

生涯のパートナー キャサリン・ヘプバーン

そんな扱いにくい男を、温かい眼と尊敬の念をもって見守ってくれたのが、公私ともにパートナーとなったキャサリン・ヘプバーンだった。

キャサリンは『我は海の子』でトレーシーを観て以来、彼との共演を熱望。42年の『女性No.1』(ジョージ・スティーブンス監督)で初共演を果たす。

二人の初対面で、170㎝と長身のキャサリンが「私のほうが背が高いみたいね」と話しかけると、トレーシーは「心配することはない。私の身長に合うように君を切ってしまうから」とワイルドに返答。

ハリウッドの優男に辟易としていたキャサリンは、トレーシーの男っぽさにたちまち惹かれていく。二人はすっかり意気投合、以後生涯9本の映画で名コンビとして共演し、互いに愛し合うようになる。

ハリウッドで二人の関係は公然の秘密。“じゃじゃ馬” と呼ばれたキャサリンが、かいがいしくトレーシーの世話をし、トレーシーも「マイ・ケイト」と呼ぶ彼女のことだけは、素直に言うことを聞くという仲の良さだった。

実はトレーシーは妻子のある身。23歳で年上の女優ルイーズと結婚して、2人の子供をもうけたあと別居をしていた。だがカトリック教徒であることと、妻ルイーズが難聴者の息子を苦労して育てたという負い目があり、離婚することはなかった。

キャサリンはそんなトレーシーに理解を示し、妻ルイーズも二人の仲を知りながらトレーシとの良い関係を続けた。後年トレーシーが病に倒れると、キャサリンとルイーズが交代で彼を看病したという。

名優の死

壮年を過ぎてからも『老人と海』(58年、ジョン・スタジュース監督)、『ニュールンベルグ裁判』(61年、スタンリー・クレイマー監督)などで渋みを増した名演技を披露。67年の『招かざる客』(キャサリン・ヘプバーン、シドニー・ポワチエ共演)では、9度目のアカデミー主演賞にノミネートされている。

だが、『招かざる客』クランクアップ17日後の67年6月10日、心臓発作で倒れたトレーシーをキャサリンが発見。病院に運ばれた彼は、25年をともに過ごしたパートナーに看取られながら、67年の生涯を閉じた。その葬儀に、キャサリンは「ルイーズに申し訳ない」という理由で出席していない。

スペンサー・トレーシーが亡くなって50年以上経つが、名優の繊細かつ自然体な演技は、今でも俳優たちの目指す模範となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク