なでしこ親善試合 日本 対 ウクライナ

スポンサーリンク

10日、サッカー女子代表・国際親善試合のウクライナ戦が広島のエディオン・スタジアムで行われ、なでしこジャパンが8-0の圧勝。代表デビューとなったMF塩越柚歩(しおこし ゆずほ)が2得点1アシストの活躍を見せた。

なでしこは熊谷、岩渕、長谷川、菅澤、中嶋らが先発に顔を揃え、ほぼベストメンバーの布陣。北国から来たウクライナは動きが鈍く、力の差を感じさせる内容となった。

開始5分、岩渕の折り返しを菅澤がスルー。後ろの塩越が落ち着いて代表初ゴールを決めた。そのあとしばらく停滞した時間が続いたが、30分に中嶋のクロスを岩渕が頭でで合せ、追加点を叩きだす。

38分には中嶋の蹴った右CKから、宝田が鮮やかなボレーシュート。宝田も代表初ゴールとなった。さらに41分に相手のクリアミスを拾った塩越が追加点、後半の58分にも長谷川のクロスを塩越が胸とラップで繋ぎ、岩渕のゴールをアシストした。

ここで塩越はお役御免。このあと途中出場した杉田、田中、籾木が得点を挙げ、8-0の圧勝を収める。

高倉監督の中で8割がた五輪メンバーは決まっているようだが、残り枠を目指して塩越選手がいいアピールを見せた。

大敗を喫したウクライナのジンチェンコ監督は「あまりに技術が違いすぎる。なぜ私たちを呼んだのか理解できない」と怒りをあらわにし、「我々を呼んで、この暑さの中試合をする意味がわからない」と不満をぶちまけた。

次の試合は13日、カンセキスタジアムとちぎでメキシコとの対戦が組まれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク