スポンサーリンク
スポンサーリンク

カタールW杯アジア最終予選 組み合わせ決定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

22年ワールドカップ・カタール大会アジア最終予選の組み合わせ抽選会が、1日にマレーシアで行わた。

12チームが2つのグループに分けられ、日本(FIFAランク28位)が入ったB組の顔ぶれはオーストラリア(同41位)、サウジアラビア(65位)、中国(77位)、オマーン(80位)、ベトナム(92位)となった。

かたやA組の顔ぶれはイラン(31位)、韓国(39位)、UAE(73位)、イラク(68位)、シリア(79位)、レバノン(93位)となっている。

アジアに与えられた出場枠は4.5。総当たりでホーム&アウェイの10試合を戦い、各組の2位まで4チームが本大会出場決定となる。そして3位同士がアジアのプレーをオフを行い、その勝者が5番目の出場権を目指して、大陸間プレーオフを戦うという流れとなる。

日本最大の強敵はオーストラリア。2次予選は日本と同じく8戦全勝で勝ち上がってきた。今回もオージーたちのフィジカルに苦しめられそうだが、ホームでの第1戦はものにしたいところだ。

中東諸国の全体的な底上げもあって、かつてほどの強さを感じなくなったサウジアラビア。しかし好調MFドサリには要注意で、決して油断のできる相手ではない。

ブラジル出身選手やイングランド出身選手など、6人の国籍変更選手を登用し、なりふり構わない強化策を勧める中国。だがもともと公共心が薄く、団体競技を得意としないお国。個人レベルで質を上げても、寄せ集めによるただの烏合の衆に終わりそうな気配。

実力差を見れば、オマーンとベトナムは普通に勝てる相手。足をすくわれないよう、気を抜かなければ大丈夫だろう。

試合は9月2日のホーム、オマーン戦から最終予選開始。22年3月9日、ホームのベトナム戦で全日程を終える予定だ。しかしコロナ禍の状況により、集中開催に変更される可能性もあるとのこと。

こういった状況に対応するチームや選手たちのコンディション作りが、最終予選突破の大きな鍵となるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました