スポンサーリンク
スポンサーリンク

メッシ、パリ・サンジェルマンに入団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バルセロナを退団したリオネル・メッシが、11日にパリ・サンジェルマンの入団会見に臨んだ。

会見でメッシは「選手の顔ぶれを見たら一緒にプレーしたくなる。とても多くの可能性を秘めている」とコメント。ファンにチャンピオンズリーグの優勝を誓った。

メッシが背負う番号は30。バルセロナ時代、トップ昇格時に付けた思い入れのある番号とのこと。フランスでは1、16とともにGKの付ける番号と決まっているが、今回メッシのために特例が認められそうだ。

契約は2年プラス一年延長ありのオプション、年俸は3500万ユーロ(約45億円)と伝えられている。バルセロナやアルゼンチン代表で共にプレー経験のあるネイマール、ディ・マリア、パレデスらのメンバーもおり、チームに馴染むのは問題なさそう。

ネイマール、エムバペと組む3トップはまさに夢の攻撃陣。他にもセルヒオ・ラモス、ワイナルドゥム、ベラッティ、マルキーニョス、ドンナルンマなどワールドクラスを揃えた布陣は超豪華で、2000年代前半のレアル・マドリード「ギャラクティコ(銀河系軍団)」に比肩するとの声もある。

ただ攻撃陣に偏りすぎたレアルの「ギャラクティコ」は、ビジネス的には成功したものの、チームとしてはバランスを欠いて失敗。思うほどタイトルを獲れず、期待外れの結果に終わっている。

新・スター軍団パリSGが、念願のビッグタイトル、チャンピオンズリーグ優勝を果たせるかどうか、今シーズンの活躍に注目。ただ30番のレプリカユニフォームはすでにバカ売れしているようで、こちらは絶好のスタートとなった模様。

コメント

タイトルとURLをコピーしました