2021-09-04

スポンサーリンク
日本映画

黒澤明監督「生きる」

『羅生門』、『七人の侍』と並ぶ黒澤監督の代表作にして、日本映画黄金期に生まれた黒澤ヒューマニズム映画の最高傑作。橋本、小国との共同脚本による構成の妙、主演・志村喬の熱演、風俗描写の圧倒的な厚み、メッセージの力強さで映画史に残る名画となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました