スポンサーリンク
スポンサーリンク

《 サッカー人物伝 》 デ コ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「 熟達のゲームメーカー 」 デ コ ( ポルトガル )

一瞬にして前線のスペースを見つけ出し、精度の高いラストパスでチャンスを創出。豊富な運動量と巧みなポジショニングで守備にも高い能力を見せ、ボールを奪いとるや卓越した技術とアイデアで攻撃を組み立てたゲームメーカーが、デコ( Deco / Anderson Luis de Souza )だ。

若くしてブラジルからポルトガルへ渡り、モウリーニョ監督率いるFCポルトで才能を開花。02-03シーズンはUEFAカップ、翌03-04シーズンはチャンピオンズリーグ優勝を勝ち取り、その名を世界に知らしめた。

04年に移籍したバルセロナでも、シャビ、ロナウジーニョらと素晴らしいコンビネーションを披露。チーム戦術の核となってリーグ優勝とCL優勝に貢献する。03年には帰化してポルトガル代表入り、ユーロ04とW杯ドイツ大会で活躍した。

小さな体のサッカー少年

デコことアンデルソン・ルイス・デ・ソウザは1977年8月27日、ブラジルのサンパウロ都市圏にあるサンベルナルド・ド・カンポで、インド系移民を先祖に持つ家庭に生まれた。

幼い頃は名前(Anderson)を縮めた「De」と呼ばれていたが、少し長じて「Cuzinho(チビクソ)」のあだ名が付けられ、やがてこの二つを合わせた「Decuzinho(デクジーニョ)」の愛称を持つようになった。さらにこれが省略され「Deco」の通称が定着することになる。

子供のときからプロを目指して地元クラブでプレー。テクニックと敏捷さでは秀でたものがあったが、小さい体がハンディとなりベンチを温める日々。やむなくサッカーを諦めて、15歳のときにフットサルへ転向した。

フットサルでは彼の特徴が活かされ大活躍、僅かながら収入も得るようになった。そのあと背が伸びたこともあり、17歳のときナショナル・サンパウロに誘われ、再び11人制のサッカーを始める。

19歳となった96年には地元の名門、コリンチャンスとプロ契約。だがコリンチャンスでは出場機会を得られず、97年にCSアラゴアノへ移籍する。しかし線の細さという弱点を抱え、アラゴアノでも陽の当たらない毎日を過ごした。

それでもサンパウロ・ジュニア選手権(U-20の大会)でのプレーが、視察に訪れていたベンフィカ・リスボン関係者の目に止まり、将来性を買われてポルトガルの名門クラブにスカウトされる。こうしてデコは20歳を目前に、欧州挑戦というビッグチャンスを掴んだ。

サッカー人生の転機

97年の夏にベンフィカへ移籍するものの、フィジカル重視の監督からは無視され、1試合も出場することなく2部リーグのアルベルカにレンタル移籍となった。

97-98シーズン、アルベルガでは32試合12ゴールの好成績を残し、チームの1部リーグ昇格へ貢献する。こうしてベンフィカに呼び戻されたデコだが、すぐにポルト市にあるSCサルゲイロスの右ウィンガーとトレード。またも不遇の時期を過ごすことになる。

サルゲイロスでは怪我に悩まされ、98-99シーズンの後半まで12試合2ゴールと低迷。だがその中でもキラリと光る彼の才能を高く評価したのが、当時リーグ5連覇の最強クラブ、FCポルトの指揮官を務めていたフェルナンド・サントス監督だった。

シーズンが終盤に差し掛かった99年3月、サントス監督に見込まれてポルトへ移籍。するとデコには専任のフィジカルトレーナーが付けられ、徹底的な肉体改善が行なわれた。

地道なトレーニングにより丈夫な体を身につけたデコは、99-00シーズンの開幕からレギュラーとして活躍。チームの司令塔を担いリーグ優勝は逃したものの、99-00シーズンのポルトガル・カップ優勝とスーパーカップ優勝に貢献する。

モウリーニョ戦術の中核

その後もデコは着実に成長を遂げ、01-02シーズンは13ゴールを挙げてチームのトップスコアラーとなった。

だがこの年のポルトは成績不振に喘ぎ、サントス監督の後任を務めたマチャド監督はシーズン途中での解任。そして02年1月に指揮官としてポルトへやってきたのが、当時新進気鋭の監督、ジョゼ・モウリーニョだった。

モウリーニョは監督就任会見で「来季は優勝してみせる」と強気の宣言。01-02シーズンの後半戦を11勝2分け2敗の好成績で乗り切り、中位に低迷していたポルトを3位にまで押し上げ、UEFAカップ(現EL)出場権を得た。

02-03シーズンは開幕から21連勝の快進撃を続け、4季ぶりのリーグ制覇と2季ぶりの国内カップ優勝を達成。UEFAカップでもホームの試合で絶対的な強さを見せ、決勝へ進出する。

決勝のセルティック戦は白熱のシーソーゲームとなったが、延長戦を制して3-2の勝利。大会初優勝で3冠達成の偉業を成した。デコはトップ下として攻撃をリードするだけではなく、豊富な運動量で縦横無尽の働き。モウリーニョ戦術の中核を担った。

翌03-04シーズンもリーグを2連覇。ポルトガル王者として臨んだチャンピオンズリーグは、グループステージをレアル・マドリードに続く2位で突破した。

チャンピオンズリーグ優勝の快挙

決勝ラウンドの1回戦ではプレミア最強のマンチェスター・ユナイテッドと対戦。ホームでの第1レグは、積極的なプレッシングとデコを中心とした攻撃で2-1の勝利。シュート数では21対4と内容で圧倒した。

敵地での第2レグは終盤までリードを許し、アウェーゴールの差で敗退の危機を迎えるが、終了間際の90分にMFコスティーニャが起死回生の同点弾。劇的結末でポルトは準々決勝に進んだ。

準々決勝は、フランス覇者のオリンピック・リヨンを2戦合計4-2で退けてベスト4へ進出。ここまで前年王者のACミラン、準優勝のユベントス、「銀河系軍団」のレアル・マドリードといったビッグクラブが次々に敗退し、残ったチームはFCポルト、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、ASモナコ、チェルシーFCの新鮮な顔ぶれとなった。

準決勝はスペインの名将、ハビエル・イルレタが監督を務めるデポルティーボと対戦。智将どうしの神経戦となったが、主導権を握り続けたポルトが2戦合計で1-0の勝利。ついに決勝へ勝ち上がった。

決勝の相手は、ディディエ・デシャン監督率いるフランスのモナコ。前半23分、裏への飛び出しでDFに脅威を与えていたモナコFWのジュリが負傷交代。ここからポルトの流れとなり、39分にカルロス・アルベルトのゴールで先制する。

後半の71分にはデコが追加点。75分にもアレニチェフのダメ押し点が決まり3-0の完勝、ポルトは86-87シーズン以来2度目のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。デコは安定したゲームメークで再三の好機を創出、決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

ポルトガル代表の一員

02年にポルトガル国籍を取得。翌03年3月、ブラジル人監督フェリペ・スコラーリに招集されポルトガル代表入りを果たす。母国ブラジルとの親善試合で代表デビュー、後半60分に途中出場してFKによる決勝点を決めた。対ブラジル戦では実に37年ぶりの勝利だった。

だが、ポルトガルにルーツを持たないデコの代表招集は国内に波紋を呼び、特に中心選手のルイス・フィーゴは「ポルトガル国歌は覚えられても、ポルトガル国民の精神は学べない。彼の加入は代表の結束を妨げる」と不快感を示した。

それでもデコは「ポルトガルを愛してる」と訴え、ポルトでもリーグ連覇やCL優勝などの実績を残したことから、彼への批判は収まっていく。

04年6月、ポルトガル代表として自国開催のユーロ大会に出場。初戦はベンチスタートとなり、後半開始から新鋭クリスティアーノ・ロナウドとともに大会初登場を果たした。しかし大事な初戦で格下ギリシャに1-2の敗戦を喫し、地元ポルトガルは痛恨の黒星発進となってしまった。

第2戦は不調のルイ・コスタに代わり先発出場。開始7分、デコのパスからマニシュが先制点、本領を発揮したポルトガルはロシアに2-0の勝利を収めた。続く第3戦は強敵スペインを1-0と下し、無事グループを1位突破する。

準々決勝ではイングランドとの戦いを激闘の末PK戦で制し、勢いに乗った準決勝では難敵オランダを2-1と撃破。とうとう決勝へたどり着いた。この準決勝ではデコとフィーゴが抱き合う姿も見かけられ、チームは一体となった。

決勝は、G/L初戦で苦杯を味わった伏兵ギリシャと再び対戦。前半ポルトガルは堅く守る相手を攻めあぐね無得点、後半57分にギリシャ得意のCKから先制点を許してしまう。

結局ギリシャに0-1と敗れ、ポルトガルは初のビッグタイトルを逃してしまうが、チームの躍進を支えたデコは代表に不可欠な存在となった。

バルセロナでの活躍

04年の夏、モウリーニョ監督はロシアの大富豪アブラモヴィッチに招かれ、大きな実績を引っさげてチェルシーの新監督に就任。中心選手のデコも、CBコンビのリカルド・カルバーリョ、パウロ・フェレイラとともにチェルシーへ移る予定だったが、契約寸前で翻意。憧れのバルセロナに誘われ急転直下の移籍をする。

04-05シーズン、ライカールト監督に率いられたバルサは近年になく快調な出足。開幕から危なげなく勝ち星を重ね独走状態に入り、6季ぶり17度目のリーグ優勝を果たす。

中盤左に入ったデコは、右サイドのシャビと連携してゲームメーク。ロナウジーニョをサポートし攻撃を活性化しながら、ファールを誘うプレーなど守備での汚れ役も厭わなかった。こうしてデコは優勝の立役者として高く評価され、この年のバロンドールではミランのシェフチェンコに続く2位となった。

翌05-06シーズンもリーグを2連覇。チャンピオンズリーグでは圧倒的な強さでグループステージを勝ち上がり、決勝ラウンドの1回戦では前年と同じ組み合わせとなったチェルシーと対戦する。

敵地での第1レグは新星リオネル・メッシの活躍で2つのアウェーゴールを奪い、ホームでの第2レグを余裕の引き分けで勝ち上がり。1年前の戦いで敗れた雪辱を果たした。

準々決勝でベンフィカを下し、準決勝では優勝候補のACミランと対戦。ホームでの第1レグは、メッシ、シャビ、デコの主力3人を欠き苦しい戦いとなったが、ロナウジーニョの芸術的パスからジュリが得点を決めて1-0の勝利。デコが戻ったアウェーでの第2レグを0-0と引き分けて決勝へ進んだ。

2度目の栄冠

決勝の相手はアーセナル。開始18分、Pエリア直前でエトーを倒したGKレーマンが一発退場。早くも優位に立ったバルサだが、37分にFKからアーセナルの先制点を許してしまう。

そのあとバルサが猛攻をかけながらも、相手の粘り強い守りに手を焼き続けた終盤の76分、ラーションからのパスを受けたエトーが同点ゴール。さらにその4分後、ラーションのクロスを途中出場のベレッチが決めて逆転する。

こうして2-1と勝利したバルセロナが12年ぶり2度目のCL制覇。デコも自身2回目となるビッグイアーを手にした。

同年12月には日本で行なわれたクラブ・ワールドカップに出場。ブラジルのインテルナシオナルに敗れて優勝はならなかったが、デコはMVPに当たるゴールデンボール賞を受賞している。

ドイツワールドカップ

06年6月、Wカップ・ドイツ大会が開幕。初戦はアンゴラに1-0と勝利するが、デコの負傷欠場が影響したのかポルトガルの攻撃には粗が目立ち、格下相手に最少得点しか挙げられなかった。

次のイラン戦にはデコが復帰。前半は専守防衛の相手に手こずったが、後半の63分にデコの強烈なミドルシュートが決まり先制。80分にはC・ロナウドのPKでリードを広げて2-0の快勝、早くもグループ突破を決めた。

最終節は主力を温存しながらもメキシコに2-1の勝利。トーナメント1回戦の相手はオランダと対戦する。ゲームはイエロー16枚、レッド4枚のカードが乱れ飛ぶ荒れた展開となり、デコも後半78分に遅延行為で2枚の警告を受けて退場。ポルトガルは前半23分の先制点を守って準々決勝へ進む。

準々決勝は優勝候補イングランドをPK戦で制して準決勝へ進出。準決勝のフランス戦では、デコら出場停止の解けた主力が戦線に復帰する。

前半33分、ジダンのPKでフランスが先制。ポルトガルの反撃はレ・ブルーの堅い守備に阻まれ、司令塔デコもヴィエラの徹底マークに動きを封じられてしまった。このままフランスの逃げ切りを許し0-1の敗戦。ポルトガルはベスト4で大会を去ることになった。

08年6月には2度目のユーロ大会(オーストリア / スイス共催)に出場。デコはG/L第2戦のチェコ戦でゴールを挙げてベスト8進出に貢献するが、準々決勝でドイツに2-3と敗れ次に進めなかった。

負傷に苦しんだキャリアの後半生

バルセロナでは4シーズンを過ごしたが、08年5月に就任したグアルディオラ監督より戦力外通告を告げられて退団。08-09シーズンからチェルシーの監督に就任したスコラーリ監督に呼ばれ、活躍の舞台をプレミアリーグに移すことになった。

移籍したチェルシーでは、公式戦30試合に出場してFAカップ制覇に貢献。しかしスコラーリ監督が途中解任となり、デコも主力の座を外されることになった。

09-10シーズン、アンチェロッティ新監督のもとチェルシーはリーグ優勝とFAカップ優勝の2冠を達成。だがデコは怪我に苦しんだこともあり、出場機会が減少していく。シーズン終了後にはチェルシーを退団。10年8月にブラジルのフルミネンセと契約を交わす。

10年にはWカップ・南アフリカ大会のメンバーに選ばれたが、初戦コートジボワールとの試合で65分に負傷交代。結局これ以降デコの出番はなく、ポルトガルは決勝T1回戦でスペインに敗れ姿を消した。大会終了後デコはポルトガル代表を引退、代表8年間で75試合に出場し5ゴールの記録を残す。

4シーズンを過ごしたフルミネンセでは2度のブラジレイラン(全国選手権)優勝に貢献し、36歳の誕生日を目前にした13年8月26日に現役引退を発表。17年間のプロ生活に幕を閉じた。引退後は “第2の故郷” と語るポルト市に居を構え、事務所を設立して代理人業を営んでいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました