スポンサーリンク
スポンサーリンク

第3回「ツギクル芸人グランプリ2022」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
次世代のスター芸人発掘

予選会を勝ち抜いたジャンルを問わない15組の中から、時代を担うネクストブレイク芸人を発掘する『ツギクル芸人2022』の決勝大会が21日に放送された。

第1回優勝の〈ザ・マミィ〉、第2回優勝の〈金の国〉と、歴代チャンピオンが現在ネタ番組を中心に活躍中。第3回目の今年も、新たなスター芸人誕生が注目される大会だ。

司会は去年と同じ爆笑問題。大会チャンピオンは、渡辺正行や各局プロデューサーなどの審査委員のほか、一般審査委員票を加えた10票で選ぶという内容。

レベルの高かったファーストステージ

まずは各組が3ブロックに別れて決勝進出を争うファーストステージ。Aブロックには、〈ママタルト〉〈TCクラクション〉〈ストレッチャーズ〉〈サスペンダーズ〉〈ゼンモンキー〉の5組が登場。僅差の戦いとなったが、4票を獲得した〈ストレッチャーズ〉が、3票の〈ママタルト〉2票の〈ゼンモンキー〉1票の〈サスペンダーズ〉との接戦を制してファイナルステージ進出となった。

残念ながら〈TCクラクション〉には票が入らず。決して悪くはなかったんだけどね。

Bブロックには、〈Gパンパンダ〉〈竹内ズ〉〈キュウ〉〈パンプキンポテトフライ〉〈わらふぢなるお〉の5組が登場。この中から〈Gパンパンダ〉が半分の5票を集め、3票の〈竹内ズ〉をかわしてファイナルステージ進出。他には〈キュウ〉と〈パンプキンポテトフライ〉それぞれ1票を獲得した。

手練れのコンビ〈わらふぢなるお〉はなんと0票。周囲のレベルの高さに埋没してしまったか。

Cブロックには、〈ネギゴリラ〉〈ハナイチゴ〉〈森本サイダー〉〈さんだる〉〈10億円〉の5組が登場。この中から〈ネギゴリラ〉が5票を獲得し、2票の〈ハナイチゴ〉と〈10億円〉、1票の〈さんだる〉を下してファイナルステージ進出。

今回唯一のピン芸人〈森本サイダー〉には1票も入らず、このままでは一生〈蛙亭〉イワクラのバーター要員に終わりそう。

Amazon.co.jp: 蛙亭の下ネタライブ~下ネタをなめるな!二つの意味で~(2021/3/29)を観る | Prime Video
普段できないような下ネタ満載のコントや漫才を披露するライブ!(C)吉本興業
優勝はストレッチャーズ

こうして決勝ステージに進出したのは〈ストレッチャーズ〉〈Gパンパンダ〉〈ネギゴリラ〉の3組。ネタ順1組め〈Gパンパンダ〉は “試食ネタ” のコント、2組めの〈ストレッチャーズ〉は “水掛け論ネタ”の漫才で勝負。

3組め〈ネギゴリラ〉の “スパイの合い言葉” は、 ネタが回りくどくて「キョトーン」状態。お愛想程度の笑いしか起きず、実質的に前2組の争いとなった。

審査員による投票は5対5と互角の勝負。当然ながら〈ネギゴリラ〉はカヤの外となる。そして大会ルールにより、一般審査委員票を得た〈ストレッチャーズ〉が第3回チャンピオンに輝いた。

今回は本当にレベルが高く、ファーストステージは〈森本サイダー〉以外スベリなしの激しい戦い。だがファイナルステージは、ネタ選びに失敗した〈ネギゴリラ〉が水を差してしまったかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました