スポンサーリンク
スポンサーリンク

なでしこ欧州遠征 フィンランド戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なでしこ欧州遠征の第2弾、国際親善試合のフィンランド(FIFAランキング29位)戦が27日にトゥルクで行なわれ、日本(同13位)が2戦連続の5発快勝を収めた。

日本は2日前のセルビア戦から6人を入れ替え。CBに高橋はな、左SBに三宅史織、ボランチに三浦成美、中盤右に宮澤ひなた、中盤左に遠藤純、FWに菅澤優衣香が入った。

開始13分、ゴール前の競り合いから左に展開した遠藤がクロスを入れると、これが相手のオウンゴールを誘い日本が先制。しかしその5分後、右サイドを突破したエングマンへの対処を日本DFが誤り、同点弾を許してしまう。

このあとフィジカルを活かしたフィンランドの攻撃に押される時間が続くが、日本は集中して守り切り前半を1-1で折り返す。

そして後半開始直後の47分、宮澤からのパスを右サイドを抜けた清水がファーサイドへ折り返し。これを遠藤が確実に決めて日本が勝ち越す。さらに57分、遠藤の右CKを植木が頭で合わせ、最後に高橋が押し込んで追加点。74分にはセットプレーの流れから植木が見事な胸トラップシュートで4点目を叩き出す。

終了直前の89分には、途中出場の長谷川唯が自ら得たPKを沈めてダメ押し点。5-1と快勝したなでしこジャパンは、今回の欧州遠征で2戦合計10点を奪うという好調さを見せた。

後半から出場した植木は5試合連続ゴールを記録。負傷離脱中のエース、岩渕真奈の穴を埋める活躍だった。なでしこの次戦は7月のE-1選手権となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました