スポンサーリンク
スポンサーリンク

《 サッカー人物伝 》 ゴードン・バンクス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「 鉄壁のイングランド銀行 」ゴードン・バンクス( イングランド )

優れたポジショニングセンスを持ち、完璧な対応でゴール前に厚い壁を築いたイングランド不動の守護神。フィジカル、運動能力、敏捷性、冷静な判断力とGKに必要な資質をすべて備え、その鉄壁の防御力から「バンク・オブ・イングランド(イングランド銀行)」と呼ばれたのが、ゴードン・バンクス( Gordon Banks )だ。

自国開催となった66年W杯では、全6試合でゴールを守って「サッカーの母国」イングランドの初優勝に貢献。70年W杯メキシコ大会では、“神様” ペレが放った至近距離のヘディングシュートを「世紀のセーブ」と言われる驚異の反応で阻止。レフ・ヤシンと並ぶ世界最高のゴールキーパーと謳われた。

イングランドのフットボールリーグでは、レスター・シティーとストーク・シティーで活躍。71-72シーズンのリーグカップには、チームの守備を支えてストークの初タイトル獲得に大きく貢献。この年のイングランド年間最優秀選手賞に輝く。しかし72年の交通事故で右目を失明し、引退を余儀なくされてしまう。

「お知らせ」

続きの本文は移転先サイトの記事【《サッカー人物伝》ゴードン・バンクス – サイレントノイズ・スタジアム (hateblo.jp)】で読めます。

なお、《サッカー人物伝》は有料記事となりますのでご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました