スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天SL 勝みなみノーボーギー優勝

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女子ゴルフツアー・楽天スーパーレディースの最終ラウンドが31日に行なわれ、首位でスタートした勝みなみ選手が71でまとめて通算22アンダーの今季初優勝。4日間競技としては日本女子ツアー初となるノーボーギー優勝の快挙だった。

2位の稲見萌寧選手とは、9打という大差をつけて最終日をスタートした勝選手。3番でバーディーを奪ってさらにスコアを伸ばすかと思えたが、そのあとチャンスのパットを外し続けて足踏み状態。ノーボギーを意識するあまり、少し攻めの姿勢を欠いてしまった。

それでもピンチで乱れることのない安定感は抜群。2番で2m、7番で3m、12番では4mのパーパットを決めて、高い集中力でボギーを叩かない。

2位の稲見選手が5アンダーとスコアを伸ばしてさすがの実力者ぶりを見せるが、首位を独走する勝選手にスコアを崩す気配がなく、とても届きそうにない雰囲気。早くも興味の焦点はノーボギー優勝に絞られた。

終盤にはほとんど優勝が決まっていた状況だったが、17番のパー3で第1打をグリーンを外してしまい、アプローチも寄らずこの日最大のピンチ。だが勝選手は、下りの難しい4mラインをど真ん中から沈めてパーセーブ。グリーンを囲んでいたギャラリーを沸かせた。

最終18番も短いウィニングパットを沈め、1バーディ、ノーボギーの71でフィニッシュ、今季初優勝を飾り、日本人選手の最多アンダー記録も更新した。(国内ツアー記録はアニカ・ソレンスタムら2選手の記録した24アンダー)

これまで3日間競技では昨季の西村優菜選手(ニチレイレディース)ら11人がノーボギー優勝を記録していたが、4日間競技では史上初。勝選手はこれで来週開催される全英女子オーンの出場資格をゲット。勢いのまま海外メジャー大会上位進出を狙いたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました