一覧

ヴィヴィアン・リー 情熱と苦しみの生涯

『風と共に去りぬ』で美貌のヒロイン、スカーレット・オハラを演じ、今もその存在感が強烈な印象を残すハリウッド女優。ローレンス・オリヴィエとの激しい恋でも知られたが、後半生は精神的な疾患に苦しみ、心身ともにボロボロとなってこの世を去って行った。

《 サッカー人物伝 》 ペレ

神の領域のプレイヤー。4度出場したWカップではブラジルのエースとして3度の優勝を果たし、サントスFCでは2回のクラブ世界制覇を達成。22年間の現役生活で1363試合に出場し、通算1281ゴールを挙げる偉業で言わずと知れた「サッカー界の王様」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク