一覧

石井妙子著「原節子の真実」

日本映画の黄金期に、巨匠監督ととも輝いた大女優。その気品ある佇まいと清潔感あふれる人柄、そして生涯独身だったことから「永遠の処女」とも呼ばれた。そして42歳で銀幕から姿を消すと、注目されることを避けて隠遁生活を送り、生きながら伝説の人となる。

《 サッカー人物伝 》 デニス・ベルカンプ

柔らかなボールタッチと完璧なトラップから芸術的なゴールを生み出した、知性と創造性あふれるセンターFW。ゴール前で見せる冷静なプレーと、映画『トップガン』のキャラクターから「アイスマン」の異名を持ち、アーセナルとオランダのエースとして活躍した。

鬼才オーソン・ウェルズ 神童の限界

監督としては長編処女作の『市民ケーン』がピークとなり、俳優としては31歳の時に演じた『第三の男』のハリー・ライムを超える役を演じることはついになかった。この歴史に残る二つの名作の呪縛から生涯逃れることが出来きず、虚像に包まれた余生を送った。

オーソン・ウェルズ「市民ケーン」

新聞王と呼ばれたウイリアム・ランドルフ・ハースとをモデルに、栄華を極めながら最後は孤独の中に死んでゆく、男の虚像とその半生を描いた物語。ラジオドラマ『火星人襲来』で全米市民の度肝を抜いた天才、オーソン・ウェルズの映画処女作にして初主演作品。

映画「第三の男」

第二次大戦直後のウィーンを舞台としたフィルム・ノワール。光と影を効果的に使った構図の美しさ、サスペンスに戦争の影を負う人間の姿を折り込んだプロットの巧みさや、アントン・カラスのチターによる哀調を帯びたメロディで、今でも評価の高い作品である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク