一覧

サッカー日本代表史 5. オフト改革

ようやくプロ化を果たした日本サッカー。代表監督に就任したハンス・オフトは、W杯初出場を目指してチームの改革に着手する。そしてラモス瑠偉の反発などを乗り越え、オフトジャパンは成長。そして92年のアジアカップ・広島大会では、初優勝の快挙を達成する。

江波杏子さん死去

『女賭博師』シリーズの “昇り龍のお銀” 役などで有名な江波杏子さんが10月27日に東京の病院で亡くなっていた。死因は肺気腫の急性憎悪によるもので享年76歳だった。母親も戦前に東宝女優として活躍していたが江波さんが5歳の時に死去。その母・・

マイケル・チミノ「天国の門」

アメリカ西部開拓時代に起きた“ジョンソ郡戦争”を題材にした作品で、当初は1100万ドルの予算で制作される予定だった。しかしこだわりの強い完全主義者チミノは撮影にあたり要求をエスカレート、最終的に制作費は4400万ドルまで膨れ上がってしまう。

サッカー日本代表史 4. 冬の時代

「冬の時代」と呼ばれる長い低迷期に突入した日本代表。アジアの厚い壁に阻まれ、W杯どころか五輪出場からも遠ざかり、エース釜本邦茂は代表を引退、期待の奥寺康彦もドイツに旅立っていった。だがW杯予選の韓国戦で木村和司のFKが炸裂、夢へ一歩近づいたかに思えた。

史上最低の監督 エド・ウッド

史上最低の監督と呼ばれるエド・ウッドは、1950年代、主に低予算のスリラーやSFの自主映画を撮ってい男。映画に対する姿勢は大真面目なのに、実際の出来上がりはツッコミ満載。だが何があってもへこたれず、その奇妙で倒錯した楽観主義が愛される理由だ。

サッカー日本代表史 3. クラマーの申し子たち

代表強化に行き詰まった日本は、ドイツからデッドマール・クラマーをコーチとして招聘。来日したクラマーは情熱と信念を持って指導にあたり、日本サッカー界に変革をもたらした。そして日本はメキシコ五輪で銅メダル獲得の快挙を達成、釜本邦茂が大会得点王に輝く。

サッカー日本代表史 2. 激闘、日韓戦

終戦後、日本サッカーは国際舞台に復帰。FIFAへの再加入を許されると、Wカップ・スイス大会の予選参加が許される。だがその日本の前に立ちはだかったのが、反日政策真っ只中の韓国。敵対心丸出しで挑んでくる隣国のライバルに、日本は苦戦を強いられる。

2018年プロ野球ドラフト会議

プロ入りを希望する学生及び社会人野球選手の運命が決まる、2018年度のドラフト会議が行なわれた。注目された大阪桐蔭の二人、根尾昴と藤原恭大は複数球団の指名を受けくじ引きによる抽選でそれぞれ中日とロッテに指名された。甲子園準優勝で人気者・・・

サッカー日本代表史 1. ベルリンの奇跡

サッカー日本代表の黎明期と、FIFA加盟からベルリンオリンピック参加決定に至るまでの物語。そして運命のスウェーデン戦が開始、世界の強豪に圧倒され、前半を0-2とリードされる日本だが後半に反撃。「ベルリンの奇跡」と呼ばれた逆転劇は、世界を驚かせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク