サッカー人

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ズラタン・イブラヒモビッチ

圧倒的なボディバランスと巨体に似合わないボールスキルを持ちストライカー、セカンドトップ、ポストプレー、チャンスメイクと多彩な役割をこなした攻撃の万能選手。高さを活かした空中戦は無敵を誇り、テコンドー仕込みのアクロバティックなゴールを決めた。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 ヤヤ・トゥーレ

抜群の運動量でピンチの芽を摘むと、巨体を活かした迫力のドリブル突破で守備網を分断。攻守に存在感を発揮した大型セントラルMF。また大きな体格に似合わず足元の技術も確かで、豪快に突き刺す強烈なミドル弾を武器にした。その偉容で「巨像」と呼ばれる。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 車 範根

東洋人離れした体幹の強さと抜群の身体能力を誇り、相手をなぎ倒す加速力でゴールへ突進。両足から繰り出される強烈なシュート、打点の高いヘディングに加え、秀でたテクニックも備えた万能のFW。ブンデスリーガで得点を量産し「アジアの虎」と恐れられた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロビーニョ

”ペダラータ”と呼ばれる高速シザーズを駆使し、寄せてくる相手を眩惑。変幻自在の足技で相手DFを手玉にとり「ドリブルキング」と呼ばれた。小柄ながらフィジカルは強く、敵を引きつけてのパスでチャンスを演出。観る者を魅了し「新しいペレ」と称された。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ソル・キャンベル

屈強な肉体と高い身体能力を誇り果敢なタックルで攻防戦を制したセンターバック。ポジショニングセンスに優れ、いかつい身体に似合わず動きも敏捷。高さとパワーを活かしたヘディングは攻守に威力を発揮した。2000年代前半のアーセナル黄金期で活躍した。
イタリア / ギリシャ

《 サッカー人物伝 》 ジェンナーロ・ガットゥーゾ

無尽蔵のスタミナと容赦ないハードタックルを武器とし、ピンチの芽を潰しにかかった守備的MF。高いテクニックがあったわけではないが、献身的なハードワークで攻守に存在感を発揮した。闘争心を剥き出しにして誰彼なく吠えかかる姿から「闘犬」と呼ばれた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ダビド・トレゼゲ

左右両足で正確に標的を捉えるシュートスキルを持ち、ペナルティーエリア内を主戦場とした生粋のゴールハンター。長身を活かしたパワースタイルを持ち味とし得意のヘディングでは無類の強さを発揮。世界屈指のストライカーとして「ダビデ王」の異名を取った。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 イケル・カシージャス

超人的な反射神経と俊敏な動きで数々のビッグセーブを生み出してきたスペインの絶対的守護神。驚異の瞬発力で至近距離のシュートを止め、ダイナミックな飛び出して1対1の場面を制圧。GKとしては小柄だが神業のようなプレーで「サン・イケル」と呼ばれた。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 クラウディオ・ロペス

風を切り裂く速さでピッチを駆け上がり、精度の高いクロスと豪快な左足シュートで勝利を呼び込んだ。ストライカー、セカンドトップ、ウィングと幅広くこなせる攻撃スタイルを持ちポジショニングの上手さと抜け目ない動きでゴールを奪った。バレンシアで活躍。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 フィリップ・ラーム

170㎝と小柄ながらスピード、テクニック、スタミナに優れ、正確なタックルで鮮やかにボールを奪った。秀でたインテリジェンスで攻守の要となり、機を見たオーバーラップで攻撃参加。高い精度のクロスでチャンスを作り、世界屈指のサイドバックと呼ばれた。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 アリエン・ロッベン

電光石火のドルブルでサイドを切り裂き、相手DFを混乱に陥れた爆速ウィンガー。一気の縦突破から中央へ鋭くカットインし、左足から放たれる正確無比のシュートでゴールを奪った。あまたの名将に重用され、幾多のタイトルに輝いたオランダ最高のアタッカー。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ウェイン・ルーニー

スピード、パワー、テクニック、運動量とすべてに秀でた万能ストライカー。高い決定力と献身性を備え、チームを勝利に導いた。またパスセンスにも優れ、チャンスを見極める戦術眼も確か。現代プレミアリーグを代表するフォワードとして活躍したマンUの怪童。
スポンサーリンク