イタリア

スポンサーリンク
イタリア

元イタリア代表FW ジャンルカ・ビアリ死去

元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアッリさんが6日に亡くなったことが、セリエAのサンプドリアから発表された。英テレビ局スカイスポーツによると、ヴィアッリさんは膵臓癌を患ってロンドン市内の病院で闘病生活を送っていたという。まだ58歳の若さ・・
イタリア

《 サッカー人物伝 》 シルヴィオ・ピオラ

体格を活かしたパワフルなプレーと、研ぎ澄まされた嗅覚で得点を挙げたゴルマエストロ(ゴールマスター)。スピードと運動量を備え、空中戦でも抜群の強さを発揮。多彩な得点パターンを持った「イタリア史上最高のストライカー」として38年W杯優勝に貢献。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 ファビオ・カンナバーロ

DFとしては175㎝と小柄ながら、抜群の運動能力と研ぎ澄まされた守備技術で相手の攻撃を封じた。ボール奪取能力に長け空中戦にも強く、突破を阻止するスライディングタックルは超一級品の切れ味。イタリアの生んだ世界最高のストッパー。06年W杯優勝。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 サルヴァトーレ・スキラッチ

身長はさほど高くはないが、がっちりした体格を活かしてゴール前へ飛び込み隙あらばシュートを狙った。点取り屋としての鋭い感覚を持ち、得点への執念と素早く良く抜け出してからのシュートで得点を重ねたイタリアのストライカー。90年W杯で得点王を獲得。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 ガエターノ・シレア

高い技術と冷静な判断力で最終ラインをリード、機を見ての攻め上がりでオフェンスに厚みを与えた。ユベントスとアズーリで中心選手として活躍し、あらゆるタイトルを手中にしたイタリア史上最高のリベロ。82年W杯ではアズーリを44年ぶりの優勝に導いた。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 ジョゼ・アルタフィーニ

スピードと高いスキルを持ち、強力なシュートでゴールを量産。身長176㎝と大柄ではないが、素晴らしいジャンプ力を備えてヘディングも得意としたブラジル出身のアタッカー。イタリアで18シーズンをプレー、セリエA歴代屈指の点取り屋として名を残した。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 サンドロ・マッツォーラ

スピードと巧みさを兼ね備え2列目からの突破で得点を決めた攻撃的MF。プレーメーカーとしても優れた資質を有し、高い守備能力でも知られたイタリアの名選手。伝説的選手バレンティノ・マッツォーラを父に持ち「グランデ・インテル」の主力として活躍した。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 エンリケ・オマール・シボリ

「頭でっかち」と呼ばれる小柄のずんぐり体型ながら、ひとたびボールを持てば芸術的な足技で観客を堪能させた。そのプレーで50~60年代にかけてアルゼンチンとイタリアで活躍した左利きのテクニシャン。61年にはバロンドールを受賞、62年W杯にも出場した。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 ジュゼッペ・ベルゴミ

強靱な肉体を持ち空中戦にも強く、守備のポジションならどこでもこなした。ハードマークで鳴らすストッパーとして知られながらスイーパーとしても高い適性を見せ、攻撃の起点にもなった万能型ディフェンダーで「ミスター・インテル」と称されたバンディエラ。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 パオロ・マルディーニ

イタリア伝統の攻撃型左サイドバックとして活躍。長身で身体能力にも優れ、安定した守備力でセンターバックも努めた。親子二代でACミランのキャプテンとなり、サッカー界のサラブレッドと呼ばれた。しかしWカップとユーロではタイトルに恵まれなかった。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 アレッサンドロ・デル・ピエロ

高いスキルと創造性あふれるプレーでピッチにアートを描き出した「ファンタジスタ」の継承者。ビアンコ・ネロの10番を背負い、ユベントスの黄金期を支えた。得意の「デル・ピエロ・ゾーン」からのゴールは彼の代名詞となり、芸術的なFKも観客を魅了した。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 クラウディオ・ジェンティーレ

持ち前のハードタックルと鋭い読みで相手エースの動きを封じ、空中戦にも強さを見せたイタリアのCB。時にファールも厭わないタフなマンマークで「殺し屋」の異名をとり、そのしつこさ、冷酷さで恐れられた。W杯でマラドーナやジーコと熱い戦いを繰り広げた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました