ブラジル

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロナウジーニョ

あざといまでのノールックパスと相手GKの意表を突くループシュートが十八番。ボールと戯れながら信じられないような足技で観客を魅了した。99年のコパ・アメリカで鮮烈な国際デビューを飾り、02年W杯ではブラジル「3R」の一翼として優勝に貢献した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロベルト・カルロス

狭いサイドスペースを一瞬で突破し、相手陣内の奥深くまで切り込んでいった攻撃的サイドバック。100mを10秒台で駆け抜けるという疾風怒涛の走力で「風小僧」と呼ばれた。レアル・マドリードの核弾頭として長年にわたり活躍。3度の欧州制覇に貢献した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロベルト・リベリーノ

左足の強く正確なキックと鋭いフェイントでチャンスを演出し、多くの得点も挙げた。特にフリーキックからの強烈なシュートは相手GKの脅威となり「左足の魔術師」と呼ばれる。分厚い口髭が特徴。足に吸い付くようなフェイント、「エラシコ」を得意技とした。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ジョアン・アヴェランジェ

24年間にわたりFIFA会長の座に君臨、サッカー界で大きな影響力を持ち続けた男。水泳のオリンピック代表選手としてキャリアを開始、W杯初優勝に手腕を発揮。優れたビジネス感覚と政治手腕で頭角を現し、非ヨーロッパ系として初のFIFA会長となった。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロナウド

スピード、テクニック、身体能力、得点感覚と、FWに必要な資質を高い次元で兼ね備えた驚異のストライカー。爆発的な突破とやすやすとゴールを陥れる力で「フェノメノ」と呼ばれた。2度W杯優勝を経験、FIFA最優秀選手とバロンドール賞に何度も輝いている。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ソクラテス・ブラジレイロ

190㎝を越える長身ながら、空中戦よりも足元のボール扱いと正確なキックによるパスワークを得意とした攻撃的MF。巧みなボールキープとダイナミックな動きで攻撃をリードし、高い得点力を誇った名選手。ブラジルが誇る「黄金のカルテット」の一員でもある。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 リバウド

長身で「黄金の左足」の異名を持つボールテクニックと鋭いドリブルを武器とし、意外性に溢れたパス&シュートでゲームにファンタジーを生み出した。まさに天才肌の攻撃的MFとして、ペレ、リベリーノ、ジーコと受け継がれたブラジル栄光の10番を背負った。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ペレ

神の領域のプレイヤー。 4度出場したWカップではブラジルのエースとして3度の優勝を果たし、サントスFCでは2回のクラブ世界制覇を達成。 22年間の現役生活で1363試合に出場し、通算1281ゴールを挙げる偉業で言わずと知れた「サッカー界の王様」
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ジーコ

「黄金のカルテット」の中核として世界を魅了、さりげなく相手の急所を突くスルーパスは絶品だった。足元から放たれたボールはたちまち局面を一変させ、ふいを突かれたディフェンダーたちは石のように固まった。そして得点感覚にも優れFKの名手でもあった。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 レオニダス・ダ・シウバ

バイシクル・キックの名手として知られ、その柔軟性とアクロバチックなプレーで「ゴム男」の異名を持つブラジルの黒人選手。1938年のフランスWカップでは卓越した技術と敏捷性で欧州の観客を魅了、得点王とMVPに輝き「黒いダイヤモンド」と呼ばれた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました