中欧 ・東欧

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 パベル・ネドベド

底知れぬスタミナで攻守に駆け回り、その馬力と機動力でチームを支えた中盤のダイナモ。また両足による正確なキックを持ち、一気に走り込んでの強烈なミドルシートを炸裂させ「チェコの大砲」と呼ばれた。ユベントス時代の03年にはバロンドールを受賞した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 アンドリー・シェフチェンコ

「ウクライナの矢」と呼ばれた鋭い突破から多彩なシュートでゴールを量産した。スピード、技術、フィジカル、得点感覚とすべてを兼ね備え「スター軍団」ACミランのエースとして活躍した世界最高のストライカー。06年W杯では初出場の母国をベスト8に導く。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 オレグ・ブロヒン

俊足を飛ばし、切れ味鋭いドリブルで敵陣を引き裂いた左ウィング。そのずば抜けたスピードと得点力から「ウクライナの矢」と呼ばれた。75年には、ソ連クラブ初のUEFAカップウィナーズカップ制覇に大きく貢献。その活躍でバロンドール賞に選ばれている。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ラディスラオ・クバラ

頑丈な身体と敏捷性を備え、パワフルなシュートを武器としたインサイドフォワード。50年代バルセロナに数々の栄光をもたらし、クラブの伝説となったプレイヤー。亡命で入団したバルセロナでは、アグレッシブなプレーとボールテクニックでファンを魅了した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ドラガン・ジャイッチ

ユーゴスラビアが生んだ最高の名手。スピードと技巧に富んだドリブルで左サイドを突破、鋭く曲がるクロスで多くの得点を演出した。ユーゴの名門ツルベナ・ズベズダ(レッドスター)の左ウィングとして活躍、クラブレジェンド「五大星人」の一人に数えられる。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》フランティシェク・プラーニチカ

プラーニチカは1930年代に活躍したチェコスロバキアの名GK。スペインのリカルド・サモラ、オーストリアのルディ・ヒディーンと並び、当時世界最高の名手とされた。準優勝を果たした34年のWカップではFWのネイエドリーとともに、チームを牽引した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ズボニミール・ボバン

両足を自在に操り、俯瞰したかのような広い視野と冷静な戦術眼でゲームを組み立てた攻撃的MF。チェス好きで読書家という知性派ながら、ヒゲを生やした精悍な風貌と闘志を秘めたプレーから「ゾロ」の愛称を持つ。98年のWカップでは3位入賞に貢献した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ヨゼフ・マソプスト

ドリブラーとしての類い希な才能を持ち、ワンツーやスルーパスの名手として知られた。得意のドリブルを駆使し、流れるようにボールを運ぶスタイルから「フィールド上のスラローマー」と呼ばれた。62年のWカップでは司令塔としてチェコを大会準優勝に導いた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 グジェゴシ・ラトー

100mを11秒台で駆け抜ける快速で敵陣に切り込み、卓越した得点感覚でゴールを量産した。右サイドから一直線にニアポストへ迫るそのスピードで、70~80年代に世界で輝きを見せたポーランド攻撃の急先鋒となった。74年のWカップでは得点王を獲得。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ヴァレリー・ロバノフスキー

科学的アプローチで現代の潮流となったプレッシング戦術を生み出し、70~80年代のソ連リーグを席巻。それまでモスクワのクラブが独占していたタイトルを奪い、ディナモ・キエフを率いて数々の栄冠に輝いたウクライナの知将。ソ連代表監督としても実績を残す。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました