日本一覧

鹿島の内田篤人選手 現役を引退

元日本代表DF内田篤人選手(32歳)の引退が所属する鹿島アントラーズから20日に発表された。鹿島との契約は今シーズン終了時まで残っていたが本人の希望により今月31日をもって終了する。シャルケ時代の15年に右膝の手術を行い、近年は故障に・・・

《 サッカー人物伝 》 釜本邦茂

大型で強靱な肉体を誇り、右45度からのシュートは正確無比。高さとジャンプ力を生かしたヘディングも一級品で、欧州でも通用しただろうと言われた日本最強のストライカー。メキシコ五輪では得点王となる7ゴールを叩き出し、銅メダル獲得の立役者となった。

《 サッカー人物伝 》 奥寺康彦

「日本人プロ第一号」選手として、70年代の終わりから80年代始めにかけて当時世界最高峰のブンデスリーガで活躍。精度の高いパスとシュート、そして戦術に即した正確なプレーで「東洋のコンピューター」と呼ばれ、猛者の揃う西ドイツでも存在感を見せた。

J2リーグ19年最終節 闘莉王が引退

京都の元日本代表DF・闘莉王(38歳)は最終節の試合で味方選手と接触負傷、前半45分でピッチを退いた。最終戦で大敗を喫した京都はJ1昇格の可能性が消滅、そのため闘莉王は現役引退を表明し、この試合がラストゲームとなった。ブラジル日系3世の・・

鹿島の東北魂 小笠原満男引退

今期限りでの引退を発表した鹿島アントラーズの小笠原満男が、28日に引退会見を行なった。98年岩手県の大船渡高からJリーグ入りすると、イタリア・メッシーナに移籍した1年を除きほぼ20年鹿島でプレーしてきた。いわゆる黄金世代の一人で、同期の・・

日本の守護神 川口能活引退

24年の長きに渡りプロとして活躍してきた元日本代表GKの川口能活が、所属のJ3リーグSC相模原を通して今期限りでの現役引退を発表した。ストイックな姿勢でサッカーに取り組む選手として有名で、ライバル楢崎正剛と正GK争いをしながら4回のW杯・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク