欧州一覧

《 サッカー人物伝 》 デニス・ベルカンプ

柔らかなボールタッチと完璧なトラップから芸術的なゴールを生み出した、知性と創造性あふれるセンターFW。ゴール前で見せる冷静なプレーと、映画『トップガン』のキャラクターから「アイスマン」の異名を持ち、アーセナルとオランダのエースとして活躍した。

《 サッカー人物伝 》 ゲオルゲ・ハジ

172㎝の小柄な身体と、レフティーのゲームメイカーという共通点から「東欧のマラドーナ」と呼ばれたルーマニアのハジ。その卓越したパスセンスとセカンドストライカーとしての能力、そしてゲームの流れを読み取る嗅覚は、典型的な10番タイプの選手である。

《 サッカー人物伝 》 エウゼビオ

頑丈ながらしなやかな身のこなしで相手DFを抜き去り、豪快な加速力と強烈無比な右足シュートで観客を魅了した。その驚異的な身体能力と精悍さで「南海の黒豹」の異名を持つ。66年のWカップ北朝鮮では、一人で4得点を叩き出して世界にその名を轟かせた。

《 サッカー人物伝 》 レフ・ヤシン

190㎝近い長身と長い手足、そして濃い色のユニフォームから「黒蜘蛛」と呼ばれ、20世紀最高のゴールキーパーと称された。63年にはソビエト連邦の選手として初のバロンドール賞に輝くが、これは現在に至るまでゴールキーパー唯一の受賞歴となっている。

《 サッカー人物伝 》 エリック・カントナ

強靱な肉体と天性のスピードを誇り、ボールテクニックやインスピレーションも一級品。ストライカー、或いはチャンスメイカーとして卓越した能力を発揮し、低迷していたマンUの復活に貢献した。その悠然としたプレーから「エリック・ザ・キング」の称号を持つ。

《 サッカー人物伝 》 アルフレッド・ディ・ステファノ

フィールドを支配する力、破壊的な右足、空中戦での能力、チャンスを生み出す嗅覚、精度の高いキック、神出鬼没さなどオールラウンドな能力で、「ひとりトータルフットボール」を演じていたと言われるスーパー・プレイヤー。50年代のレアル黄金期に君臨した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク