欧州一覧

《 サッカー人物伝 》 デニス・ベルカンプ

柔らかなボールタッチと完璧なトラップから芸術的なゴールを生み出した、知性と創造性あふれるセンターFW。ゴール前で見せる冷静なプレーと、映画『トップガン』のキャラクターから「アイスマン」の異名を持ち、アーセナルとオランダのエースとして活躍した。

《 サッカー人物伝 》 ポール・ガスコイン

ぽっちゃり体型のベビーフェイスという外見からは想像し難い、巧みなボールコントロールとドリブル、そして鋭いパスワークで中盤をリードした。フィジカル主体のイングランドサッカーの中で、高いスキルとイマジネーションで違いを見せた稀代のゲームメーカー。

《 サッカー人物伝 》 ゲオルゲ・ハジ

172㎝の小柄な身体と、レフティーのゲームメイカーという共通点から「東欧のマラドーナ」と呼ばれたルーマニアのハジ。その卓越したパスセンスとセカンドストライカーとしての能力、そしてゲームの流れを読み取る嗅覚は、典型的な10番タイプの選手である。

《 サッカー人物伝 》 ルイジ・リーバ

サルディーニャ島の小クラブ、カリアリのストライカーにして、唯一のスクデットをチームにもたらした英雄。ゴールキーパーを震え上がらせる異次元のパワーと左足の威力、そして鍛え抜かれた身体でゴールを襲う迫力の姿で、「サルディーニャの雷鳴」と呼ばれた。

《 サッカー人物伝 》 ゲルト・ミュラー

華麗なテクニックがあったわけではないが、抜群の嗅覚と並外れたシュートの能力でゴールを量産。60-70年代の西ドイツ代表とバイエルン・ミュンヘンに多くの栄光をもたらしたストライカー。その驚異的な得点能力で「デル・ボンバー(爆撃機)」と呼ばれた。

《 サッカー人物伝 》 フランコ・バレージ

堅実なマーク、ボールを奪ってからの組み立て、ゲーム展開を読み取る力。ユース時代からリベロとして卓越した才能を見せ、若くしてカピタン(キャプテン)となり、ミランの最終ラインを統率した。94年のWカップでは重傷を負いながら、決勝戦で復活を果たす。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク