サッカー史一覧

ワールドカップの歴史 第18回ドイツ大会-後編

強豪国が順当に勝ち上がり、決勝ートーナメントは好勝負が続いた。そしてイタリアが堅実な戦いで勝ち上がり、ジダンを中心に結束したフランスも復調。両チームは決勝へ進んだ。試合は互角の戦いとなり延長戦に突入、だが挑発に乗ったジダンが頭突で退場となった。

ワールドカップの歴史 第18回ドイツ大会-前編

世代交代の大会となったドイツWカップ。クリロナ、メッシ、ルーニー、ロッペン、リベリー、トーレスといった次世代のスターが輝きを見せた。地元ドイツは好発進、「カルチョポリ」騒動で揺れたイタリアも優勝を狙う中、ジダンが復帰したフランスも復権を伺う。

ワールドカップの歴史 第17回日韓大会-後編

疑惑の判定がありながら、韓国はイタリア、スペインといった強豪を撃破。伏兵トルコ、セネガルも躍進を見せた。決勝は「3R」の攻撃力が爆発したブラジルと、主将カーンの統率力で勝ち上がったドイツの戦い。横浜競技場で、大会初となる両雄対決が行われた。

ワールドカップの歴史 第17回日韓大会-前編

予選リーグでイングランドとアルゼンチンが因縁の対決。ベッカムが4年前の雪辱を果たすPKを決め、優勝候補のアルゼンチンは予選敗退となる。ジダンが負傷欠場となった前大会王者のフランスも、初戦の敗北から立ち直れずに敗退を喫し、波乱の大会となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク