サッカー史一覧

ワールドカップの歴史 第10回西ドイツ大会

ヨハン・クライフを中心としたオランダの「トータルフットボール」が西ドイツ大会を席巻、世界に衝撃を与えた。予選リーグで躓いた開催国・西ドイツは、実権を握った「皇帝」ベッケンバウアーがチームの立て直しを図った。そして両雄はついに決勝戦で激突する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク