サッカー史一覧

サッカー日本代表史 8. 新世代の台頭

W杯出場を逃した日本は、ロベルト・ファルカンを新監督に招聘。だが芳しい成果を残せず、1年足らずで日本を去って行った。この頃日本には、小倉、前園、城、川口、中田英らの新世代が台頭。28年ぶりに出場したアトランタ五輪では「マイアミの奇跡」を演じる。

サッカー日本代表史 5. オフト改革

ようやくプロ化を果たした日本サッカー。代表監督に就任したハンス・オフトは、W杯初出場を目指してチームの改革に着手する。そしてラモス瑠偉の反発などを乗り越え、オフトジャパンは成長。そして92年のアジアカップ・広島大会では、初優勝の快挙を達成する。

サッカー日本代表史 4. 冬の時代

「冬の時代」と呼ばれる長い低迷期に突入した日本代表。アジアの厚い壁に阻まれ、W杯どころか五輪出場からも遠ざかり、エース釜本邦茂は代表を引退、期待の奥寺康彦もドイツに旅立っていった。だがW杯予選の韓国戦で木村和司のFKが炸裂、夢へ一歩近づいたかに思えた。

優勝国フランスの軌道

今大会の優勝国フランスは、サッカー強豪国の中では一番浮き沈みの激しさを感じさせる国である。それは個人主義的な国民性に加えて移民系の選手も多く、そういった選手たちをまとめるのが難しいという事情が関係しているのだろう。その辺がなんとも興味深い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク