サッカー一覧

ワールドカップの歴史 第5回スイス大会

第5回ワールドカップ・スイス大会で優勝候補の本命と目されたのが、「マジック・マジャール」旋風で欧州を席巻していたハンガリーチームだった。ハンガリーは主将プスカシュを負傷で欠きながらも決勝へ進出。しかし西ドイツに逆転負けし「ベルンの奇蹟」に散った。

ワールドカップの歴史 第4回ブラジル大会

大戦後初となるワールドカップが、南米ブラジルで開催。「サッカーの母国」イングランドも大会初参加となったが、弱小チームのアメリカに敗戦を喫するという失態を演じてしまう。事実上の決勝となったブラジルvsウルグアイ戦は「マラカナンの悲劇」と呼ばれる。

ワールドカップの歴史 第3回フランス大会

戦争の足音が近づく中、フランスで第3回ワールドカップが開催。大会得点王となったレオニダス(ブラジル)による黒人特有のしなやかなボール捌きは欧州の観客を驚かせ、「黒いダイアモンド」と呼ばれた。そしてイタリアが2連覇を達成、その実力を証明する。

ワールドカップの歴史 第2回イタリア大会

イタリアで開催された第2回ワールドカップは、独裁者ムッソリーニによるプロパガンダの大会となった。優勝を義務づけられたアズーリは、当時欧州最強のオーストリア「ヴンダーティーム」を打ち破り決勝へ。そしてチェコスロバキアを下し、2代目王者に輝く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク