映画の話・人物一覧

史上最低の監督 エド・ウッド

史上最低の監督と呼ばれるエド・ウッドは、1950年代、主に低予算のスリラーやSFの自主映画を撮ってい男。映画に対する姿勢は大真面目なのに、実際の出来上がりはツッコミ満載。だが何があってもへこたれず、その奇妙で倒錯した楽観主義が愛される理由だ。

映画と自動車

先日映画の中の鉄道と列車という記事を投稿したが、今度は映画と自動車をテーマにしてみたい。ただこれも作品名をいちいち挙げていたら際限ないので、...

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク