外国映画一覧

007 死ぬのは奴らだ/黄金銃を持つ男

『死ぬのは奴らだ』の製作にあたり、3代目のジェームズ・ボンドに選ばれたのがロジャー・ムーアである。この作品からバイオレンスの要素が薄れ、ムーアの個性を生かした軽妙路線となっていく。次作『黄金銃を持つ男』はシリーズ最低の評価を受け興行的にも失敗。

女王陛下の007/ダイアモンドは永遠に

ショーン・コネリーが007シリーズを降板すると、6作目『女王陛下の007』のジェームズ・ボンド役にジョージ・レーゼンビーが選ばれる。だが興行収入が落ち込み1作品で降板となる。次作でコネリーボンドが復活し『ダイアモンドは永遠に』が製作された。

007 サンダーボール作戦/007は二度死ぬ

『サンダーボール作戦』ではクライマックスで大規模な海中アクションが繰り広げられる。日本を舞台にした『007は二度死ぬ』はもはや荒唐無稽を越え滑稽さが目立つ作品となっている。ボンドガールに若林映子と浜美枝。日本の諜員員を丹波哲郎が演じている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク