映画作品一覧

溝口健二「西鶴一代女」

井原西鶴の『好色一代女』をもとに、数奇な運命に弄ばれながら逞しく生きる女性の半生を、元禄時代に舞台をおいて描いた物語。溝口監督はこれを女の本性を探るという視点から再構成し、依田義賢の脚色でまったく別の「一代女」を撮りあげた。主演は田中絹代。

成瀬巳喜男監督「浮雲」

女性映画の名手と呼ばれた成瀬巳喜男監督の代表作。成瀬と同じく市井の人々を映画に描いてきた巨匠小津安二郎をして「オレにはできないシャシンだ」と言わせた傑作だ。主人公・幸田ゆき子を高峯秀子、不倫相手の優柔不断な男・富岡謙吉を森雅之が演じている。

映画「風と共に去りぬ」

マーガレット・ミッチェルのベストセラー小説を映画化したアメリカ南北戦争時代のメロドラマ大河。総製作費600万ドル、当時としては画期的な全編テクニカラーで撮影され上映時間も3時間40分余りに及ぶハリウッド超大作である。主演ヴィヴィアン・リー。

サム・ペキンパー「ワイルドバンチ」

西部開拓史上最強の強盗団、ワイルドバンチを主役に、滅びの美学を凄絶なヴァイオレンスで描いた異色の西部劇。65年の『ダンディ少佐』以来4年ぶりにメガホンを取ったサム・ペキンパー監督が、渾身の思いでつくった代表作だ。ウィリアム・ホールデン主演。

チャールズ・チャップリン「街の灯」

“喜劇王” と呼ばれたチャールズ・チャプリンが主演・監督・脚本・製作・編集を務めた、哀愁あふれる喜劇映画の傑作。前作『サーカス』から3年間もの紆余曲折を経て、チャップリンが完成させた作品である。この頃サイレント映画はほとんど作られなく・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク