映画作品一覧

映画「クレイマー、クレイマー」

父子の愛情を通じて家族のあり方を問うヒューマンドラマ。『俺たちに明日はない』(67年)の脚本で知られるロバート・ベントンが、エイヴリー・コーマンの同名小説を元に脚本・監督した作品。公開当時アメリカでは社会現象と言われるほど話題になり、・・・

映画「俺たちに明日はない」

アメリカ大恐慌時代に実在した銀行強盗カップル “ボニー&クライド” の破滅に向かって死に急ぐ壮絶なまでの青春像を、斬新な感覚で辿った映画。この映画以降、ハリウッドでそれまでタブー視されていた暴力描写や性描写がより大胆に描かれるようになり・・

オーソン・ウェルズ「市民ケーン」

新聞王と呼ばれたウイリアム・ランドルフ・ハースとをモデルに、栄華を極めながら最後は孤独の中に死んでゆく、男の虚像とその半生を描いた物語。ラジオドラマ『火星人襲来』で全米市民の度肝を抜いた天才、オーソン・ウェルズの映画処女作にして初主演作品。

映画「第三の男」

第二次大戦直後のウィーンを舞台としたフィルム・ノワール。光と影を効果的に使った構図の美しさ、サスペンスに戦争の影を負う人間の姿を折り込んだプロットの巧みさや、アントン・カラスのチターによる哀調を帯びたメロディで、今でも評価の高い作品である。

ジョン・フォード監督「捜索者」

コマンチ族に拉致された少女を、ジョン・ウェイン演じる伯父のイーサンが執念を燃やして7年も探し続けるという、西部劇としては異色のストーリーで知られる作品。原作は54年に発表された同名の小説で、西部開拓時代に実在した人物ジェームズ・パーカー・・

内田吐夢監督「飢餓海峡」

水上勉の同名小説を映画化したサスペンス人間ドラマの大作。監督は『限りなき前進』や『土』などで知られる戦前からの巨匠、内田吐夢。主演は三國連太郎、共演に伴淳三郎、高倉健、左幸子。最初この大作は3時間12分の作品として完成していたが、東映・・・

イングマル・ベルイマン「野いちご」

老医学者の一日を通して人間の孤独と屈辱を辛辣に描く、イングマル・ベルイマン監督の代表作。主役の老医師イサクを演じるのは「スウェーデン映画の父」と呼ばれた、監督・俳優のヴィクトル・シェストレム。シェストレムは、シナリオの内容に不服を示した・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク