オランダ / ベルギー

スポンサーリンク
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 マルク・オーフェルマルス

自慢の快速を飛ばし俊敏な抜け出しから精度の高いクロスを送ったオランダのウィンガー。左右両足を使い得点能力も高く、中央に切れ込んでのシュートも得意とした。サイドを疾走する姿から「ロードランナー」の異名で呼ばれる。アヤックスやアーセナルで活躍。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ルート・ファン ニステルローイ

長身を活かしたヘディングと、スピードあふれるプレーを持ち味とした多彩なCF。柔らかなトラップで素早くシュートに持ち込み、左右の足から得点を決めた。Pエリア内では抜群のポジショニングでゴールを仕留め、相手を出し抜く動きで「密猟者」と呼ばれた。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ロナルド・クーマン

抜群のキック精度で前線へピンポイントのパスを通し持ち前のストロングシュートで多くの得点を決めた超攻撃型リベロ。FKやPKのスペシャリストとしても知られ、弾丸キックの破壊力は「牛をも殺す」と恐れられた。80~90年代に活躍したオランダの名手。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 パトリック・クライファート

大きな身体と長いリーチを巧みに使い柔らかな身のこなしでゴールを陥れた。ダイナミックさと柔軟さを兼ね備える天才肌のプレーヤー。その卓越した得点能力で「ポスト・ファン バステン」を担ったオランダのストライカー。アヤックス、バルセロナで活躍した。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 クラレンス・セードルフ

高い身体能力と巧みな足捌き、そして迫力あるボール奪取で中盤を支配。創造性溢れる長短のパスで攻撃のリズムを刻み、守備にも長けたオランダの万能MF。代表での活躍はなかったが、アヤックス、R・マドリード、ACミランと3クラブでCL優勝を経験した。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・ニースケンス

強い筋力とバネを持ち、優れた運動神経でアクロバティックなプレーも難なくこなした。守備から攻撃までを担うオールラウンダーとして、「トータルフットボール」を支える。豊富な運動量でクライフをサポート。同じ名を持つことから「ヨハン2世」と呼ばれた。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 エドガー・ダーヴィッツ

無尽蔵のスタミナでピッチを駆け回り、攻守に活躍したディフェンシブハーフ。小柄ながら頑丈な身体とフィジカルの強さを持ち、相手に食らいつくような激しいプレースタイルから「闘犬」と呼ばれた。活躍したアヤックスやユベントスではチームを支える心臓となる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・クライフ ー後編ー

Wカップ優勝は逃したものの、アヤックスやバルセロナで数多くのタイトルを手にし、そのキャリアは栄光に包まれたものになった。引退後は指導者としても成功、「ドリームチーム」を作り上げてバルセロナの黄金時代を築き、世界の潮流に大きな影響を及ぼした。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・クライフ ー前編ー

「トータルフットボール」の戦術を展開したアヤックスとオランダの中心を担い、その後のサッカー界に大きな影響を残したレジェンド。スピーディーなドリブルで相手DFを翻弄、マークを一瞬でかわす独特のフェイントは「クライフターン」と呼ばれ代名詞となる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 フランク・ライカールト 

190㎝、80㎏という恵まれた体格で身体能力も抜群。柔らかいボールタッチ、戦術眼、正確なパスワーク、空中戦の強さなど、多彩な能力を生かしてCBや中盤底のポジションでチームを牽引した。水鳥が跳ねるようなプレーで「ブラック・スワン」と呼ばれる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 エンツォ・シーフォ

広い視野と華麗なテクニックを持ち、パスワークやシュートにも独特のひらめきを見せたベルギーの10番。優れたビジョンと戦術的知能を持ち、その予測不能でファンタジーに溢れるプレーから「別の惑星からきた選手」と言われた。W杯には4度の出場を果たす。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ルート・フリット

攻撃的MFとして数々のゴールを挙げながら、判断の良さと走力でゲームメイクやリベロもこなした万能選手。長いドレッドヘアーに均整のとれた186㎝の身体で「黒いチューリップ」の異名を持ち、チームに影響を与えるカリスマ性を備えた。ユーロ88で優勝。
スポンサーリンク