オランダ / ベルギー

スポンサーリンク
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 クラレンス・セードルフ

高い身体能力と巧みな足捌き、そして迫力あるボール奪取で中盤を支配。創造性溢れる長短のパスで攻撃のリズムを刻み、守備にも長けたオランダの万能MF。代表での活躍はなかったが、アヤックス、R・マドリード、ACミランと3クラブでCL優勝を経験した。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・ニースケンス

強い筋力とバネを持ち、優れた運動神経でアクロバティックなプレーも難なくこなした。守備から攻撃までを担うオールラウンダーとして、「トータルフットボール」を支える。豊富な運動量でクライフをサポート。同じ名を持つことから「ヨハン2世」と呼ばれた。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 エドガー・ダーヴィッツ

無尽蔵のスタミナでピッチを駆け回り、攻守に活躍したディフェンシブハーフ。小柄ながら頑丈な身体とフィジカルの強さを持ち、相手に食らいつくような激しいプレースタイルから「闘犬」と呼ばれた。活躍したアヤックスやユベントスではチームを支える心臓となる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・クライフ (後編)

Wカップ優勝は逃したものの、アヤックスやバルセロナで数多くのタイトルを手にし、そのキャリアは栄光に包まれたものになった。引退後は指導者としても成功、「ドリームチーム」を作り上げてバルセロナの黄金時代を築き、世界の潮流に大きな影響を及ぼした。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ヨハン・クライフ (前編)

「トータルフットボール」の戦術を展開したアヤックスとオランダの中心を担い、その後のサッカー界に大きな影響を残したレジェンド。スピーディーなドリブルで相手DFを翻弄、マークを一瞬でかわす独特のフェイントは「クライフターン」と呼ばれ代名詞となる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 フランク・ライカールト 

190㎝、80㎏という恵まれた体格で身体能力も抜群。柔らかいボールタッチ、戦術眼、正確なパスワーク、空中戦の強さなど、多彩な能力を生かしてCBや中盤底のポジションでチームを牽引した。水鳥が跳ねるようなプレーで「ブラック・スワン」と呼ばれる。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 エンツォ・シーフォ

当時史上最年少の18歳で84年欧州選手権フランス大会に出場、同年にはUEFAカップ決勝の舞台にも立ち脚光を浴びた。そして86年のメキシコWカップでは 代表の若き司令塔となり、自らも2得点を挙げるなど存在感を見せ「ベルギーの至宝」と呼ばれた。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 ルート・フリット

長いドレッドヘアーに均整のとれた186㎝の身体で「黒いチューリップ」の異名を持ち、チームに影響を与えるカリスマ性とインテリジェンスで存在感を発揮、主将としてオランダ代表を引っ張った。判断の良さと走力でゲームメイクやリベロもこなした万能選手。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 デニス・ベルカンプ

柔らかなボールタッチと完璧なトラップから芸術的なゴールを生み出した、知性と創造性あふれるセンターFW。ゴール前で見せる冷静なプレーと、映画『トップガン』のキャラクターから「アイスマン」の異名を持ち、アーセナルとオランダのエースとして活躍した。
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 マルコ・ファン バステン

柔軟なボールタッチ、両足での正確なキック、バランスのとれた長身、スピードとスタミナ、そして得点への嗅覚。天性のストライカーとして必要なものを全て兼ね備えていた。ミラン黄金期をエースとして支え、オランダ代表では欧州選手権優勝の立役者となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました