2020-10

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ジョゼップ・グアルディオラ

中盤の深い位置から広い視野と素早い判断力を生かしたパスワークで見る者をうならせ、常に攻撃の起点となった。「ドリームチーム」と呼ばれたヨハン・クライフのバルセロナで、チームの軸(ピボーテ)として活躍する。現在は当代きっての名監督として知られる。
バラエティー

「相席食堂」流し – 1グランプリ(後半)

今週の『相席食堂』は、先週に引き続き【流し1 - グランプリ】の後半戦。千鳥の二人が後半戦のトップバッターに選んだのは、漫談ネタ「なんでだろう」のフレーズが2003年の流行語大賞に選ばれ、年間200本の営業をこなす実力派芸人 “テツ&・・・
オランダ / ベルギー

《 サッカー人物伝 》 フランク・ライカールト 

190㎝、80㎏という恵まれた体格で身体能力も抜群。柔らかいボールタッチ、戦術眼、正確なパスワーク、空中戦の強さなど、多彩な能力を生かしてCBや中盤底のポジションでチームを牽引した。水鳥が跳ねるようなプレーで「ブラック・スワン」と呼ばれる。
外国映画

アンジェイ・ワイダ監督「灰とダイヤモンド」

ポーランドの作家イェジ・アンジェイェフスキが、48年に発表した小説を映画化した作品。この前年、『地下水道』(カンヌ国際映画祭・批評家連盟賞を受賞)でセンセーショナルに登場したポーランドの社会派監督アンジェイ・ワイダが、続けて放った問題作だ。
バラエティー

「相席食堂」流し – 1グランプリ(前半)

日本を楽しませる6人のギタリストがエントリー。それぞれが関西のレジャースポット六カ所を訪れ、その魅力を “流し” でリポートする、『相席食堂』の賞レース企画【流し - 1グランプリ】が新たに開催。今回参戦するのは、「世界王者」「歌姫」・・・
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ヴァレリー・ロバノフスキー

科学的アプローチで現代の潮流となったプレッシング戦術を生み出し、70~80年代のソ連リーグを席巻。それまでモスクワのクラブが独占していたタイトルを奪い、ディナモ・キエフを率いて数々の栄冠に輝いたウクライナの知将。ソ連代表監督としても実績を残す。
映画の話・人物

ハリウッドの迷宮入り事件 

ドロドロとした欲望が渦巻くハリウッドで起きた未解決事件を扱った、ジョン・オースティン著『ハリウッド 葬られた真実』。その中からジーン・スパングラー失踪事件、セルマ・トッドの不明な事故死、悲惨な猟奇殺人「ブラック・ダリア事件」の3つを紹介。
イタリア

《 サッカー人物伝 》 ジャチント・ファケッティ

189㎝の長身で快足を飛ばし、大きなスライドで左サイドをダイナミックに攻め上がって、カウンター攻撃の一翼を担った。エレニオ・エレラの「グランデ・インテル “カテナチオ戦術”」 をキーマンとして支え、ネラッズーリの偉大なキャプテンと称された。
サッカーの話題

日本女子プロサッカー「WEリーグ」11クラブ選出

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は、初年度に参加する11クラブを15日に発表した。当初は6~10クラブで始動する方針だったが、岡島喜久子チェアによれば「11チーム全てに魅力があった」ということで枠が増やされた。...
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 スタンリー・マシューズ

“マシューズ”と名付けられた絶妙なフェイント技で多くのディフェンダーを悩ました「ドリブルの魔術師」。戦前、戦後を通して長く英国の一級選手として活躍しただけではなく、その高潔な人格とフェアプレー精神、規律正しい生活から多くの人から敬愛された。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました