《 サッカー人物伝 》 ローター・マテウス

スポンサーリンク
「バイエルンの猛将」ローター・マテウス( ドイツ )

173㎝、70㎏と小柄な身体だが、確かな技術と豊富な運動量を兼ね備え、旺盛なファイティングスピリットでチームを統率したドイツの猛将が、ローター・マテウス( Lothar herbert Matthäus )だ。

20年の長きにわたってドイツ(西ドイツ)代表で活躍、同国最多記録となる150キャップを誇り、「ドイツの鉄人」と呼ばれた。5度出場したWカップでは優勝1回、準優勝2回に輝き、決勝で2度まみえたマラドーナに「彼は僕の最大のライバル」とまで言わせた。

名門バイエルン・ミュンヘンでも、中心選手として数々のタイトル獲得に貢献。攻撃からリベロまでこなせる万能さを見せた。インテル・ミラノ時代には、バロンドール賞とFIFA年間最優秀選手に選ばれている。

闘争心の男

マテウスは1961年3月21日、バイエルン州のエアランゲンに生まれた。決して裕福とはいえない労働階級で育ち、ハングリー魂が身に染みついたマテウスは、やがてサッカー選手としての成功を目指すようになる。

少年時代は地元のユースチームで活躍。容赦なくタックルを仕掛ける闘争心、好守の切り替えの早さ、ゲームの流れを的確に読み取る眼などは、早くからユースのレベルを超えていった。

18歳となった79年、ブンデスリーガの強豪ボルシア・メンヘングラッドバッハと契約、プロ生活をスタートさせる。

まだ10代のマテウスは、そのファイティングスピリットで頭角を現し、1年目から28試合に出場、4得点を記録した。翌80-81シーズンは33試合に出場。万能型MFとして好守に活躍し、10ゴールを挙げてレギュラーの座を確立する。

81-82シーズンも33試合に出場、強靱な肉体によるタフなマークは「エースキラー」と恐れられた。その活躍の一方、気性の激しさからチームメイトや審判とぶつかることも多く、問題児というレッテルも貼られるようになる。

最初のワールドカップ出場

西ドイツ代表には80年に初選出され、6月14日の欧州選手権、対オランダ戦という大舞台でデビューを飾った。その後マテウスの出番は無かったが、いきなりの国際大会で優勝という貴重な経験を積む。

そしてその2年後の82年、21歳でWカップ・スペイン大会に出場する。1次リーグ第2戦となるチリとの試合、2-0とリードした後半60分から守備的MFとして交代出場し、マテウスは初めてWカップの舞台に立った。

ルンメニゲのハットトリックでリードは4点に広がり、このままクリーンシートで終えようとした89分、マテウスの不用意なパスがカットされ、そのまま失点に結びついてしまった。

このあと西ドイツは決勝まで進む(イタリアに敗れて準優勝)が、マテウスに与えられた出番は、「ヒホンの恥」と呼ばれた無気力試合、オーストリア戦での途中出場のみだった。

バイエルン戦でのPK失敗

84年5月、ボルシアMGはDFBポカール(ドイツ杯)の決勝へ進出、その対戦相手はバイエルン・ミュンヘンだった。試合は延長を戦っても1-1で決着がつかず、勝負はPK戦にもつれ込んだ。

1番手に登場したマテウスはPK失敗、このあとバイエルンの4人目もシュートを外してサドンデスとなったが、ボルシアの8人目が止められてタイトルを逃してしまった。

実はこの時、マテウスのシーズン終了後のバイエルンへの移籍が決まっており、1番手でのPK失敗は様々な憶測を呼んだ。このことで、翌シーズンにバイエルンで出場したボルシアとの試合では、古巣のサポーターからブーイングを浴びせられることになった。

渾身のフリーキック

84年の欧州選手権で代表レギュラーに定着するも、西ドイツはG/L敗退を喫してしまう。86年には、2度目のWカップとなるメキシコ大会に出場、G/Lの初戦で南米の古豪ウルグアイと戦った。

開始4分、マテウスの出した安易なバックパスが奪われ、ウルグアイに先制を許してしまう。リードされた西ドイツは必死の反撃を行い、ようやく84分に追いついて引き分けに持ち込む。

マテウスは71分にルンメニゲと交代。すでに代表では中堅世代となっていたが、闘争心の先走るプレーには安定感を欠くきらいがあり、まだベッケンバウアー監督の充分な信頼を得ていなかった。

続く第2戦も先制を許しながら、スコットランドに2-1と逆転勝ち。しかし最終節のデンマーク戦では、「ダニッシュ・ダイナマイト」旋風の前に0-2の完敗を喫してしまった。

それでも西ドイツはG/L2位でベスト16に進出、決勝トーナメント1回戦でモロッコと対戦する。高い個人技を誇るモロッコを相手に、西ドイツは大苦戦、試合はスコアレスのまま終盤へ突入した。

マテウスが85分に放った強烈なシュートは相手GKの好守に阻まれるが、その2分後、西ドイツはゴールから30mの距離にFKのチャンスを得た。

ボールの後ろに立つマテウスは、モロッコの壁に空いた隙間を狙って渾身のキック。そのシュートは低い弾道でゴールネットへ突き刺さっていった。こうして西ドイツは1-0と勝利、準々決勝に進んだ。

準々決勝は地元メキシコを延長・PK戦で下し、準決勝でプラティニ擁するフランスを2-0と打ち破って2大会連続の決勝へ駒を進める。

マラドーナとの対決

決勝の相手はアルゼンチン、マテウスはベッケンバウアー監督からマラドーナのマークを命じられた。前半22分、マラドーナのフェイントに翻弄されたマテウスは、思わず後ろから倒してアルゼンチンにPKを与えてしまう。

そのセットプレーから西ドイツは失点、さらに55分にはマラドーナの起点のロングパスからバルダーノの追加点を許してしまった。

2点をリードされたことで、マテウスはマラドーナのマーカーを外れて攻撃に専念。それが功を奏し、74分にブレーメのCKからルンメニゲがゴール、80分にはまたもCKからフェラーのゴールが決まって2-2と追いつく。

さらに前掛かりになって攻勢を続ける西ドイツ、だがその裏に出来たスペースを、マラドーナは見逃さず狙った。そしてハーフライン手前から見事なパスが通り、そこへ駆け上がったブルチャガがシュート、アルゼンチンの決勝点が生まれる。

西ドイツは2大会連続の準優勝、マテウスは果敢なタックルでマラドーナの動きを封じにかかったものの、ここ一番で仕事をさせてしまい、悔しい思いを味わうことになった。

インテルの「ドイツ・トライアングル」

バイエルン・ミュンヘンでは、攻撃の中心として活躍。インテル・ミラノへ移籍したルンメニゲに代わり、チームのトップスコアラーとなった。84-85、85-86、86-87とリーグ3連覇に貢献する。

85-86シーズンはDFBポカールを制覇し、86-87シーズンはチャンピオンズ・カップの決勝へ進む。決勝のポルト戦はバイエルンが先制するが、終盤逆転されて1-2の敗戦、準優勝に終わってしまった。この屈辱は12年後にも繰り返されることになる。

88年6月には代表キャプテンとして自国開催の欧州選手権に出場。準決勝のオランダ戦はマテウスのPKで先制するも、ファン バステンに逆転ゴールを決められて決勝へ進めなかった。

88-89シーズン、バイエルンの同僚ブレーメと一緒にインテル・ミラノへ移籍。マテウスは持ち前の “ゲルマン魂” でチームを牽引し、マラドーナのナポリ、オランダトリオのACミランとの三つ巴を制して、インテル9季ぶりとなるリーグ優勝を果たす。

89-89シーズンにはクリンスマンが加わり「ドイツ・トライアングル」を形成、シーズン始めのスーパーカップを制する。マテウスはトラパットーニ監督のもとでゲームメーカーとしての才能を開花させ、インテルの10番を背負うことになった。

西ドイツキャプテン マテウス

90年、Wカップ・イタリア大会に出場。G/Lリーグ初戦のユーゴスラビア戦は、インテルのホームであるサンシーロ・スタジアムで行われた。前半28分、マテウスの強烈なミドルシュートで先制、2-1とした65分にもミドルシュートでリードを広げた。こうしてインテル・トリオを擁した西ドイツが、ユーゴスラビアを4-1と粉砕する。

第2戦もマテウスがミドルシュートを決めてUAEに5-1と圧勝、最終節のコロンビア戦は1-1と引き分けて、西ドイツはG/L1位で決勝トーナメントへ進んだ。

そしてトーナメント1回戦は、欧州選手権で苦杯を舐めさせられたオランダとの戦い。舞台は再びサンシーロ・スタジアム、オランダトリオを擁するACミランのホームでもあった。

前半22分、フェラーとライカールトが揉めて両者退場。しかし攻守の要を失ったオランダの方が痛手となった。後半51分、クリンスマンのゴールで先制、82分にもブレーメのゴールで2-0とした。終了直前にPKを与えてしまったが、余裕で2-1の勝利を収める。

準々決勝はマテウスのPKでチェコスロバキアに1-0と勝利、準決勝でイングランドを延長・PK戦の末下し、西ドイツは3大会連続の決勝へ進んだ。

決勝は、前大会と同じアルゼンチンとの対戦になった。だがアルゼンチンは主力4人を出場停止で欠き、頼みのマラドーナも満身創痍の状態。開始から一方的に攻める西ドイツだが、PK戦狙いで守りを固める相手に手こずってしまう。

それでも終盤の85分、フェラーが倒されPKを獲得、西ドイツは絶好のチャンスを得た。ここは主将のマテウスが蹴る場面だったが、試合中に負傷していたため大役をブレーメに譲る。ブレーメはこれを確実に決め、待望の1点を挙げた。

こうして西ドイツが1-0の勝利、4年前の雪辱を果たして、3度目のWカップ優勝を成し遂げた。持ち前の闘争心はそのままながら、冷静沈着さも身につけてマテウスはチームを統率。ベッケンバウアー監督とは激しい口論を繰り広げることもあったが、固い信頼関係を結んで代表を優勝へと導いたのである。

猛将の怒り

この活躍で同年のバロンドール賞に輝き、翌91年には創設されたばかりのFIFA年間最優秀選手にも選ばれる。セリエAの90-91シーズンは、キャリアハイとなる19ゴールを記録、UEFAカップでも優勝を果たし、マテウスは選手としての絶頂期を迎えた。

だが92年4月に前十字靱帯を損傷し、6月に行われた欧州選手権は不参加。東西統一後初めてのビッグイベントとなった大会は、決勝で伏兵のデンマークに敗れて準優勝に終わる。

シーズン終了後にはインテルを退団し、古巣のバイエルンへ復帰。ベテランとなったマテウスはリベロにポジションを移し、バイエルンの攻守を支えた。

94年6月、Wカップ・アメリカ大会に出場。だがマテウスのプレーは負傷の影響で精彩を欠き、準々決勝のブルガリア戦では先制のPKを決めたものの、ストイチコフのFKなどで逆転負けを喫してしまう。

この大会直後から、マテウスは何故かクリンスマンを敵視するようになる。そして負傷で代表を離脱した期間、クリンスマンがキャプテンを務めたことにマテウスは激怒、二人の不仲は表面化する。

96年の欧州選手権は、「クリンスマンが監督と結託して自分を追い出そうとしている」と主張して大会を辞退。クリンスマンはマテウスの攻撃を無視して衝突を避けたが、バイエルンの同僚でもあった二人の関係は、チームに深刻な悪影響を与えた。

鉄人の偉業

97年にクリンスマンが移籍してチームの分裂は逃れるも、騒動を起こしたマテウスは主将の地位を剥奪、代表にも呼ばれなくなった。

だが98年のWカップ・フランス大会前にリベロのマティアス・ザマーが負傷したこともあり、代表へ復帰する。G/Lの第2戦、ユーゴスラビア戦の後半開始からマテウスが登場。フィールドプレイヤーとしては最多の、W杯5大会連続出場を果たす。

このあとマテウスはレギュラーの座を奪い返し、準々決勝でクロアチアに敗れるまでW杯最多出場記録を25まで伸ばす。

カンプノウの歴史的敗戦

92年に移籍したバイエルンでも、5度のリーグ優勝と2度のDFBポカール優勝、そして自身2度目となるUEFAカップ制覇に貢献。代表やクラブ、個人でも数々の栄冠を手にしたマテウスに残されたタイトルは、チャンピオンズリーグ優勝だけとなった。

98-99シーズン、ついにそのビッグタイトルを手に入れるチャンスが訪れた。99年5月、チャンピオンリーグの決勝にたどり着いたバイエルンは、欧州王者を懸け、カンプ ノウ・スタジアムでマンチェスター・ユナイテッドと戦った。

試合は早くも前半6分にバイエルンが先制。マテウスは的確な読みでDFを支え、タイミングを心得た攻め上がりで、ユナイテッド相手に優位にゲームを進める。

81分、マテウスは守備固めのフィンクと交代、ベンチで優勝の瞬間を待つことになった。だが勝利が近づいたロスタイムの91分、ベッカムのCKからシェリンガムの同点弾が生まれ、バイエルンは土壇場で追いつかれてしまう。

そのリスタートから30秒後、攻勢を掛けたユナイテッドは再びCKのチャンスを獲得。ベッカムの蹴ったキックをシュリンガムが頭で落とし、スールシャールが右足で合わせて逆転のゴールをネット上に突き刺した。

試合終了の笛が吹かれ、ピッチに崩れ落ちるバイエルンの選手たち。「カンプ・ノウの悲劇」を目の当たりにし、マテウスは呆然とするしかなかった。そのあとの表彰セレモニーでは、悔しさのあまり首に掛けられた準優勝メダルをすぐに外したという。

指導者マテウス

00年には39歳でユーロ2000に出場。ドイツはG/L敗退となったが、マテウスは3試合のキャップを刻み、代表最多出場記録(欧州)を150まで伸ばした。

そのあと北米MLSのNY / NJメトロスターズに移籍し、01年に40歳で現役を引退。引退後は指導者の道を進んだが、現役時代の乱暴な言動が災いしたのか、国内クラブからオファーが舞い込むことはなかった。

その名声はドイツ国内よりむしろ国外の方が高く、ハンガリー代表やブルガリア代表、その他各国クラブの監督を務める。だがどこも目立った成績を残せず、いずれも短期間で任を解かれている。

また私生活も、幾度の結婚・離婚を繰り返すなど賑やかで、14年には28歳年下の女性と5度目の結婚をして、世間に話題を振りまいた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク