アルゼンチン

スポンサーリンク
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ディエゴ・シメオネ

飽くなき執念でボールに食らいつき守備と攻撃でチームを支えた中盤のマッスルプレーヤー。泥臭さを見せながらも高い知性を持ちあわせ、ゲーム展開を読み切る能力は天下一品。その老獪で戦闘的なスタイルから「鬼軍曹」の名を馳せた。名監督としても知られる。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ホセ・マヌエル・モレノ

1940年代、南米で猛威を振るったリーベル・プレート「ラ・マキナ」の伝説的FW。アルゼンチンではディ・ステファノ、オマール・シボリ、マラドーナ、メッシと並び称される天才プレーヤー。ラブラナ、ペデルネラ、ムニョス、ロウストウと最強FWラインを組んだ。
アルゼンチン

D・マラドーナの弟、ウーゴが死去

元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナの弟で、日本でのプレー経験も持つウーゴ・マラドーナさんの死去が、28日にかつて所属していたイタリアのSSCナポリから公表された。イタリアの報道によれば、ウーゴさんは心心肺停止のためナポリ近郊の自宅で・・・
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 エンリケ・オマール・シボリ

「頭でっかち」と呼ばれる小柄のずんぐり体型ながら、ひとたびボールを持てば芸術的な足技で観客を堪能させた。そのプレーで50~60年代にかけてアルゼンチンとイタリアで活躍した左利きのテクニシャン。61年にはバロンドールを受賞、62年W杯にも出場した。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ギジェルモ・スタービレ

圧倒的なスピードと天性のセンスを持ち、いつの間にか相手ゴール前に現れることから「エル・フィルトラドール(侵入者)」の異名をとった。第1回W杯のメキシコ戦でハットトリックを達成。アルゼンチンは準優勝に終わったものの、4試合で8得点を挙げて得点王に輝く。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ファン・セバスティアン・ベロン

スキンヘッドで髭面というコワモテだが魔法の右足でエレガントに試合を組み立てた。テクニックに長けたゲームメイカーでありながら疲れを知らないスタミナとファイティング・スピリットで裏方的な役割も受け持った多才なMF。パルマやラツィオで活躍した。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》ファン・ロマン・リケルメ

連動的な組織戦術とスピード重視の現代サッカーで独特の存在感を見せたクラシックタイプの10番。動きの少ない古風然としたスタイルで“恐竜”と揶揄されながら、一撃必殺のスルーパスと異次元のボールキープ力で魅了した。北京五輪では金メダル獲得に貢献。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ディエゴ・マラドーナ

ほとんど左足1本でボールを操り、魔術のようなテクニックと比類のないパスセンスで、いくつもの名プレー・名場面を演じた。サッカー界に一時代を築いたレジェンドとして、説明の必要もないアルゼンチンのスーパースター。その一方、お騒がせぶりでも知られた。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 ガブリエル・バティストゥータ

破壊力抜群の右足と、多彩なシュートテクニックでゴールを量産、打点の高いヘディングやマークを外す動きも得意とした。強引な突破から、猛々しく長髪をなびかせゴールに迫る勇壮な姿で「レ・レオーネ(獅子王)」と呼ばれた。豪快な「バティ・ゴール」が代名詞。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 フェルナンド・レドンド

優雅で知性にあふれたプレーは見る者を魅了し、エレガントさ漂わせる背筋の伸びたシルエットと、長髪の似合う端正なルックスで「エル・プリンシペ(王子)」と呼ばれた。レアル・マドリードでは中盤を華麗に仕切り、アルゼンチン代表でも巧みにゲームを操った。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました