ドイツ / トルコ

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ハカン・シュキュル

大柄な体格を活かしたポストプレーで前線の起点となり、得意のヘディングと右足から放たれる強烈なシュートでゴールを陥れた。そのパワフルなプレーで「ボスポラスの雄牛」と呼ばれたトルコのストライカー。ガラタサライで長らく活躍、日韓W杯にも出場した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 オリバー・カーン

仁王のような威圧感で相手の前に立ち塞がり、俊敏な反応と優れたセービング技術でゴールを死守した。その強烈な個性と闘争心、強いリーダーシップでチームを牽引したドイツの守護神。主将を務めた日韓W杯では、前評判の高くなかったドイツを準優勝に導いた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 カール=ハインツ・ルンメニゲ

強靱なフィジカルと豊かなスピードを持ち合わせ、ダイナミックな突破から相手ゴールを陥れた。ブンデスリーガでは3度得点王を獲得、その活躍でバイエルンに多くのタイトルをもたらす。2年連続でバロンドール賞に輝き「ミスター・ヨーロッパ」と称えられた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ローター・マテウス

小柄な身体だが確かな技術と豊富な運動量を兼ね備え、旺盛なファイティングスピリットでチームを統率したドイツの猛将。20年の長きにわたって代表で活躍、主将としてW杯優勝を果たした。同国最多記録となる150キャップを誇り「ドイツの鉄人」と呼ばれた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 パウル・ブライトナー

積極果敢なオーバーラップと思いっきりのいいシュートを武器に、攻撃的な左サイドバックとして活躍。SBとしてB・ミュンヘンの黄金時代を支え、R・マドリードに移るとゲームメイカーの役割を担った。自国開催Wカップの決勝では、貴重なPKを決めている。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ピエール・リトバルスキー

「ドリブラルスキー」とあだ名を付けられたほど、ドリブルを得意とした西ドイツのウィンガー。小柄ながらその武器を生かして代表レギュラーを長く務め、90年のWカップ優勝にも貢献し「O脚のドリブル王」と呼ばれた。キャリアの晩年にはJリーグで活躍した。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 デットマール・クラマー

日本蹴球協会からの招聘を受け来日、遅れていた日本サッカーの土台づくりと、のちの発展に大きな足跡を残したドイツの名コーチ。熱意と厳しい指導で日本サッカー界を改革し、メキシコ五輪銅メダル獲得の礎を築いた。またベッケンバウアー育ての親として知られる。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 フリッツ・バルター

1954年のWカップで初優勝を果たした、西ドイツの司令塔であり名キャプテン。強靱なフィジカルを誇り、技術も高く柔らかいボールタッチと強いシュートを併せ持つ。冷静な判断力と正確なプレーで攻撃を組み立て、精神的にも戦術的にもチームをリードした。
サッカー人

《サッカー人物伝》フランツ・ベッケンバウアー(後編)

12年の代表歴でAマッチ103試合に出場、14得点を記録し50試合で主将を務めた。3回出場したWカップでは中心選手として優勝、準優勝、3位を経験。2回出場した欧州選手権では優勝と準優勝に貢献し、西ドイツ代表監督としてWカップ優勝も果たした。
サッカー人

《サッカー人物伝》フランツ・ベッケンバウアー(前編)

DFながら、好機と見るや攻撃に参加。卓越した戦術眼とエレガントなプレーで、リベロのポジションに革命的なスタイルを確立した。B・ミュンヘン、そして西ドイツ代表の「カイザー(皇帝)」としてチームに君臨し、あらゆる栄冠を手にしたサッカー界の巨星。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました