アジア・アフリカ

スポンサーリンク
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 サイード・オワイラン

巨体を揺らしながらゴールに迫る姿は迫力満点。得点力だけではなく、人を使うセンスにも長けていた。守護神アルディアイエとともに、アジア勢としては2度目となるワールドカップ・グループリーグ突破の立役者となり、同年のアジア年間最優秀選手賞に選ばれている。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 ヌワンコ・カヌー

197㎝80㎏という細身の長身ながら、柔らかいボールタッチと独特のリズムで相手DFを翻弄。トリッキーなプレーで多くのゴールを生み出したナイジェリアのストライカー。金メダルを獲得したアトランタ五輪ではエース兼キャプテンとしてチームを牽引する。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 パトリック・エムボマ

しなやかな身のこなしから、的確にゴールを捕らえる動きはまさに黒豹。抜群の身体能力と強いフィジカル、そしてテクニックの高さを備え、異次元のプレーで得点を量産したカメルーンのFW。Wカップには2度出場、シドニー五輪では金メダル獲得の立役者となる。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 朴 智星

攻撃に守備にとマルチな才能を発揮、パワー・エンジンと呼ばれる活発な運動量でチームを支えた。02年のWカップ・日韓大会では、右ウィングからの突破でベスト4入りした韓国の攻撃陣を牽引し、マンチェスターUでは献身的な働きで縁の下の力持ちとなった。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 ロジェ・ミラ

38歳の時に引退同然の身から90年のWカップへ出場。大会で挙げた4ゴールはその”マコサダンス”とともに世界に鮮烈な印象を残し、「不屈のライオン」カメルーン躍進の立役者となった。94年のWカップにも出場、42歳でのゴールはWカップ最年長記録である。
アジア・アフリカ

《 サッカー人物伝 》 ジョージ・ウェア

飛び抜けた身体能力と強靱なフィジカルを武器とし、「リベリアの怪人」と呼ばれた。フィールドでも空中戦でも競り合いに負けることがなく、技術とアイデアを生かしたプレーもハイレベルだった。小国がゆえ代表実績は無いが、95年にはバロンドールに選ばれた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました