2019-02-01

スポンサーリンク
外国映画

キューブリックの「バリー・リンドン」

18世紀のヨーロッパを舞台に青年の野望と没落を描く物語で、主演は70年公開の『ある愛の詩』で一躍スターとなったライアン・オニールが務めている。自宅のサッカレー全集に目を通したキューブリックは、彼の代表作『虚栄の市』を映画化しようと考たが・・
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました