《 サッカー人物伝 》 木村和司

スポンサーリンク

「フリーキックの職人」 木村和司 ( 日本 )

小柄だが多才なテクニックと相手の意表を突くパスで、攻撃の起点となった。対外試合で低迷が続き「冬の時代」と呼ばれた80年代に、日本の10番を背負ったゲームメイカーが、木村和司だ。

フリーキックの名手として知られ、85年のW杯アジア最終予選・韓国戦で伝説となるゴールを決め、日本サッカー史にその名を刻む。日本リーグ時代の日産自動車では読売クラブと2強時代を築き、中心選手として数々のタイトル獲得に貢献した。

また西ドイツから帰国した奥寺康彦とともに、国内リーグ・日本人プロ登録選手(スペシャル・ライセンス・プレーヤー)の第一号となり、プロ化の波が押し寄せる日本サッカー界の先駆けとなった。

サッカーとの出合い

木村和司は1958年7月19日、広島県広島市北大河町で2人兄弟の次男として生まれた。小学校に入った頃は草野球やソフトボールに熱中し、体は小さかったが足は速く運動神経も抜群。ポジションは投手か二塁手で打順は1番、あるいは3、4番を任されていたという。

サッカーを始めたのは小学校4年生の時。新任でやって来た浜本敏勝先生が放課後にサッカー教室を開き、その巧みなボール捌きに魅せられのがきっかけだった。

サッカー教室に参加すると、浜本先生の手ほどきを受けて瞬く間に上達。足が速い木村はFWを任され、ゴールの快感を知るようになる。

71年に地元の中学校へ入学するが、そこにサッカー部はなかった。かといって、厳しい練習と体罰指導で知られる野球部に入るのも気が進まず、放課後に小学校で後輩たちと練習を行う毎日を過ごす。

やがてそれでは物足りなくなり、学校にサッカークラブの創部を直訴。当時サッカー部には不良の集まりというイメージがあり、先生の反応は良くなかったが、どうにか2年生の春からの活動が認められる。

当初部員は1、2年生のみで指導者もおらず、グラウンドの片隅で練習するだけだったが、浜本先生が鍛えた選手たちはすぐに実力を発揮。その春の広島市大会で、いきなり2位の好成績を収めた。3年生になるとサッカー経験のある教師が顧問となり、早くも市内で強豪校と認められるようになる。

74年の春には広島サッカーの名門、県立広島工業高校(通称、県工)を受験。それまで家で勉強をしたことがなかった木村は、浜本先生の自宅に通って勉強を見てもらい、無事合格を果たす。

1年生の時から、右ウィングとしてレギュラーの座を獲得。左ウィングを努めたのは、のちに日産と日本代表で一緒になる1学年上の金田喜稔。すでにこの頃から、切れ味良いドリブルと快足で知られた選手だった。

木村はドリブルしながら目標へセンタリングを蹴る練習を毎日繰り返し、やがてその精度は格段に向上。これがのちに武器となるFKの技術に繋がっていく。

県工で全国制覇を目指した木村だが、3年の高校総体はベスト8。広島選抜として出場した佐賀国体では、静岡選抜に敗れて準優勝に終わった。最後の高校選手権に懸けるも、左足首を痛めて不調。県大会で敗れ、全国大会出場は叶わなかった。

冬の時代の日本代表

高校卒業後は、特待生として誘ってくれた大学を断り、入学試験を受けて明治大学政経学部に進学。もちろん受験勉強を見てもらったのは、恩師の浜本先生だった。

当時の明大サッカー部は関東大学2部リーグ。同期にはのちになでしこジャパン監督となる佐々木則夫がいた。この頃テレビで見たペレリベリーノらの華麗なFKに刺激を受け、プレースキックの練習に取り組むようになる。当時日本には、直接FKを決められるような選手はいなかったのだ。

木村の力は明大入学前から評価され、ユース代表、日本代表Bチームとステップを踏んだあと、大学2年生の終わり、79年3月にフル代表へ初招集。4日の日韓定期戦で初めてベンチ入りを果たした。

前半途中にFWの選手が足を痛め、渡辺正コーチからアップを命じられるも、日本が2-1とリードしたまま試合は終了。5年ぶりの日韓戦勝利にチームが沸く中で、木村は「なんでワシを出さないんじゃ!」と渡辺コーチに食ってかかったという。

結局デビュー戦となったのは5月のジャパンカップ(現キリンカップ)・フィオレンティーナ戦。木村は先発での出場を果たし、フル代表デビューを飾った。

木村はこのままフル代表に定着。8月に遠征で行った北朝鮮戦では、相手選手のラフプレーに怒り報復行為。両チーム入り乱れての乱闘となり、人生初の退場を経験している。

80年3月にはモスクワ五輪アジア予選に参加するが、初戦の韓国戦に敗れるなど、3位に終わり予選敗退。このあと代表監督に昇格した渡辺正は、木村、金田、風間八広、岡田武史、田島幸三ら、若い選手を主体としたチームへの切り替えを図る。

しかしその渡辺監督は、同年の秋にクモ膜下出血で倒れて退任。そのためサッカー協会強化部長を務めていた川淵三郎が、臨時措置として代表監督を兼ねることになった。だが12月のW杯アジア予選でも敗退を喫し、日本の「冬の時代」は続いた。

日産の10番

明大サッカー部は、木村が2年のときに関東1部リーグへ昇格。しかし3年生になって日本代表の活動に忙しくなると、大学の試合にはほとんど出られず、チームは1年で2部リーグへ降格。大学でもタイトルを手に入れることは出来なかった。

4年生になると、故郷の東洋工業(現サンフレッチェ広島)を始め、日本リーグのほとんどのチームから勧誘を受ける。その中から絞り込んだのは、読売クラブ(現東京ヴェルディ)と、先輩金田が所属する日産自動車(現横浜Fマリノス)の2チームだった。

気持ちはセミプロチームの読売に傾きかけたが、加茂周監督の熱心な口説きを受け、急転の決断。81年に日産自動車へ入社する。

日産では午前中社員として働きながら、午後に練習を行うという毎日。またこの頃結婚もし、変化していった環境の中、新生活を優先して日本代表への参加を断るようになる。

長期間拘束されるばかりで、手当も支給されない日本代表の活動。会社員に過ぎない選手たちの負担は大きかった。しかも弱い代表チームへの注目度は低く、魅力にも欠けていたのだ。

前シーズンの80年に日産は2部落ち。ルーキーの木村は1年目から18試合すべてに出場し、6得点4アシストの活躍で2部リーグ2位に貢献。1部・新日鉄との入れ替え戦では、アウェーの初戦で1ゴール1アシストの活躍。ホームでの第2戦は、1-1と折り返した後半の69分にFKで決勝点を叩き込み、1部昇格の立役者となる。

入団3年目の83年、水沼貴史、越田剛史、田中真二、柱谷幸一といった有望な若手が大挙入団。チームは見違えるように強くなっていった。

全体的なポジション見直しを行った加茂監督は、左ウィングの木村を中盤のゲームメイカーにコンバート。すると日産の攻撃陣は、木村の繰り出す多彩なパスで活性化。日本リーグとJSLカップで準優勝という好成績を収めると、天皇杯では初の決勝に進出する。

決勝では釜本邦茂が兼任監督を務めるヤンマーと対戦し、金田と柱谷のゴールで2-0と快勝。日産は創部12年目にして初のビッグタイトルを手にする。日産の10番を背負う木村にとっても、サッカー人生初めてのタイトルだった。

「森ファミリー」の中心選手

やがて新しい環境にも慣れると、兄貴分と慕う同郷の森孝慈が監督を努めていたことから、1年ぶりに日本代表へ復帰。

復帰戦は、ボカ・ジュニアーズを招待してのゼロックス・スーパーサッカー。目玉選手は当時21歳のディエゴ・マラドーナだった。その第2戦で木村はFKを決めるが、マラドーナの超人的なテクニックを目の当たりにし、サッカー人生最大の衝撃を受けたという。

7月には欧州遠征を行い、親善試合をこなしたあとW杯スペイン大会を観戦。イタリア、アルゼンチン、ブラジルによるレベルの高い試合を見て大いに刺激を受けるが、日本にとってW杯の大舞台は夢のまた夢だった。

「日本の切り札」と期待された森監督は、日産の木村、金田、水沼、柱谷、読売の加藤久、都並敏史、松木安太郎、三菱の原博実ら、職人気質の個性派を積極的に起用。革新的なチーム作りを進める。

また森監督は協会に掛け合い、代表手当を支給させるなど、選手の待遇改善にも取り組んだ。こうして結束力を強めたチームは「森ファミリー」と呼ばれ、選手たちも手応えを感じるようになる。

84年4月、ロサンゼルス五輪・アジア最終予選がシンガポールで開始。韓国、サウジアラビアという強豪と別組になったことから、16年ぶりの五輪出場に大きな期待が掛けられた。しかし結果は、タイに2-5と惨敗するなど4戦全敗で敗退。見通しの甘さを露呈してしまった。

辞表を提出した森監督だが、翌月に行われるジャパンカップと秋の日韓定期戦を控え、処遇は一旦保留となる。そしてジャパンカップを1勝1敗で終えたあと、9月に敵地で韓国と戦った。

試合はこけら落としとなった新競技場、蚕室スタジアムで行われた。88年ソウル五輪のメイン会場として造られたスタジアムである。韓国は83年にプロリーグを発足、アマチュアリズムから脱却できない日本との差は開いていた。

試合は予想通り韓国の猛攻で開始、日本は加藤久を中心とした守備陣の粘りで耐え抜いた。そして前半の37分、木村がゴール左30mのFKを決めて先制。これが日本の初シュートだった。

41分に一旦追いつかれるも、50分には加藤のロングボールを原が頭で落とし、水沼が勝ち越し点。日本がこのまま逃げ切り、2-1の勝利を収める。

日本がアウェーの地で韓国に勝ったのは、史上初の出来事。この快挙により、森監督の続投が決まった。

届かなかった世界の舞台

85年2月から、W杯メキシコ大会・アジア1次予選が開始。初戦のアウェー・シンガポール戦では、前半10分に木村が左CKを直接放り込んで先制、3-1の勝利に貢献する。

そのあと強敵、北朝鮮との戦いを1勝1分けで切り抜けるが、平壌での第2戦でラフプレーを受けた木村は、頭蓋骨亀裂骨折の重傷を負う。それでも18日後のホーム・シンガポール戦に出場、ダメ押しの5得点目を記録している。

こうして日本は2次予選に進出。香港との第1戦は、木村の1ゴール1アシストの活躍で3-0と快勝。アウェーでの第2戦も、木村の先制点で2-1の勝利。日本は最終予選へ歩みを進める。

W杯出場を懸ける最終予選の戦いは、宿敵・韓国との一騎打ち。韓国も54年のスイス大会以来、32年間W杯の舞台から遠ざかっていた。その出場国を決める第1戦が10月26日、東京国立競技場に6万2千人の大観衆を集めて行われた。

序盤は受け身となる韓国を攻めたてる日本だが、前半の30分にカウンターを許し失点。41分にも都並の攻め上がった裏のスペースを突かれ、追加点を入れられてしまう。瞬く間にリードを拡げられた日本は、劣勢に立たされた。

だがその直後の43分、戸塚哲也が倒され日本にFKのチャンス。ゴールまでは25mと少し距離はあるもの、正面やや右と木村の得意とする位置だった。

そのFKの威力を知る韓国は、ゴール前に7人の壁を立たせた。だが木村が右足甲で蹴り上げると、ボールは壁の上を越え、見事なカーブを描いてゴール左上隅に吸い込まれていった。

サッカー史に残る「伝説のFK」で1点差、日本が最もW杯の舞台に近づいた瞬間だった。また国際Aマッチ6試合連続ゴールという、木村が日本新記録を達成した得点でもあった。

しかし後半は、堅く守る韓国を攻めきれずに1-2の敗戦。ソウルでの第2戦も0-1と敗れ、W杯初出場の夢は打ち砕かれた。

あと一歩のところまでたどり着きながら、韓国との実力差を見せつけられてしまうという結果。日本サッカー界はプロ化の必要性を痛感することになる。

「スペシャル・ライセンス・プレーヤー」第一号

日産が天皇杯初優勝を果たした83年、日本リーグは読売クラブが初制覇。ここから日本のサッカー界は、プロ化を指向する日産と読売の2強時代に入った。

日産の中心を担った木村は、83年、84年と2年連続で日本年間最優秀選手を受賞。読売のジョージ与那城ラモス瑠偉とともに、日本リーグを代表するゲームメイカーと称された。

86年、西ドイツでプロとしてプレーしていた奥寺康彦が古巣の古河電工に復帰。これを契機に事実上のプロ契約である「スペシャル・ライセンス・プレーヤー」制度が新設され、プロ志望の強かった木村は、奥寺とともに国内リーグ日本人選手のプロ契約第一号となる。

しかし「プロはこうあらねば」の意識が強すぎ、秋開幕制となった86-87シーズンは絶不調。コンディションを崩しスタメンを外されることもあった。

翌87-88シーズンは、より条件が緩和された「ライセンス・プレーヤー」制度に移行。プロ登録選手が一挙に72名と増え、負担の減った木村は調子を取り戻す。こうして日本サッカー界は、プロ化への歩みを早めていった。

日本代表の試合は、87年1月の中国遠征が最後となった。このとき木村は絶不調の真っただ中にあり、石井義信監督から主力の座を外され、以降代表に呼ばれることはなかった。代表の9年間で国際Aマッチ54試合に出場、26ゴールを記録している。

「ミスター・マリノス」と呼ばれた男

木村が完全復活を果たした88-89シーズン、日産はリーグ初制覇と天皇杯優勝、JSLカップ優勝の3冠を独占。3冠立役者の木村は、ベストイレブンと3度目の年間最優秀選手に選ばれる。

この3冠を置き土産に加茂監督が勇退。後任の指揮官には、元ブラジル代表DFでセレソンの主将も務めていたオスカーが就任する。木村は守備的戦術を敷くオスカー監督から冷遇されるが、清水秀彦監督が就任した91-92シーズンにレギュラーへ復帰。天皇杯優勝に貢献した。

92年には翌年のJリーグ発足に伴い、日産を母体とした横浜マリノスが創設。木村は「ミスター・マリノス」と呼ばれるようになった。

93年5月15日、Jリーグ開幕戦となる横浜マリノス 対 読売ヴェルディのゲームが行われ、木村は先発出場。試合は前半の19分に読売の先制を許すも、後半の48分に同点。そして59分、木村の出した絶妙なパスが相手DFを混乱させ、ラモン・ディアスが押し込んで逆転。マリノスが歴史的ゲームをものにした。

このあとJリーグの初代得点王となったディアスは、「木村さんのおかげ」とマリノスの10番を讃えている。

引退後の活動

94年11月、天皇杯の決勝でセレッソ大阪に敗れ準優勝。この試合後、マリノスのGMを努めていた森孝慈に説得され現役引退を決意する。このとき木村は36歳、日産 – マリノスでは14年を過ごした。

引退後の01年にフットサル日本代表監督を努め、10年には横浜F・マリノスの監督に就任。2年目のシーズンは前半戦を首位で折り返すも、後半に失速して5位。天皇杯の準決勝でJ2の京都サンガに敗れ、解任となった。

監督業の前後にはNHKの解説者として活動。無愛想で口数の少ない解説ぶりだったが、オリンピックやW杯などの他、多くの試合を担当した。

15年に脳梗塞で倒れ、懸命のリハビリを経て回復。20年には日本サッカー殿堂入りを果たしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク