昭和の大女優 京マチコさん逝く

スポンサーリンク

肉体派の妖しい魅力

邦画全盛期に数多くの名作映画へ出演するなどの活躍で知られた昭和の大女優、京マチコさんが12日心不全のため東京都内の病院で死去した。享年95歳。数人の友人らが立ち会い14日には葬儀が行なわれたそうだ。

大阪府出身で、49年に少女歌劇団を経て大映へ入社、肉体派女優として注目され『痴人の愛』などの映画で人気を得る。だがやはり、彼女の名を一躍高めることになったのが、50年の黒澤明監督『羅生門』だ。この作品で京マチコさんは貞淑とも魔性ともつかない女を妖しく演じ、実力派女優としての面も見せた。

国際映画祭 グランプリ女優

『羅生門』が51年にヴェネチア映画祭金獅子賞を獲得すると、吉村公三郎監督『源氏物語』・溝口健二監督『雨月物語』・衣笠貞之助監督『地獄門』など出演作が次々と国際映画賞を獲得、グランプリ女優と呼ばれ一時代を築く。

このほかにも、小津安二郎監督の『浮草』や成瀬巳喜男監督の『あにいもうと』や市川崑監督の『鍵』といった巨匠の作品にも出演を果たしており、日本映画黄金期を語る時絶対に外せない女優だった。『痴人の愛』の文豪・谷崎潤一郎には、「どの時代の女性を演じてもスクリーン映えした」と評されるように、日本人離れした容姿で観客を魅了し続けた。

大ベテランとなった70~80年代も、大作映画やテレビドラマ或いは舞台などで活躍し山田五十鈴と共に重鎮として活躍を見せた。これだけのスケールの大きさを持った女優は、もはや日本に誕生することはないだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク