ピーター・フォンダさん死去

スポンサーリンク

『イージー・ライダー』とフォンダ

映画『イージー・ライダー』などで知られる米俳優、ピーター・フォンダさんが16日、肺がんによる呼吸不全のためロサンゼルスの自宅で死去した。享年79歳。

40年ニューヨーク生まれで、63年に映画デビュー。父親は名優のヘンリー・フォンダ、妹にジェーン・フォンダ、娘にブリジット・フォンダを持つという芸能一家だった。

67年、ロジャー・コーマン監督の『白昼の幻想』でデニス・ホッパーやジャック・ニコルソンと知り合ったピーターは意気投合し、69年にはアメリカン・ニューシネマの代表作と言われる『イージー・ライダー』の製作・脚本を手がけ主演する。

この映画は60年代後半のアメリカで、公民権運動やベトナム反戦運動で大きなうねりを見せていた時代に公開され、カウンターカルチャーの象徴となり、世界各国の若者に影響を与えた。

『イージー・ライダー』のあとピーターは、芥川賞作家・村上龍のおバカ映画『だいじょうぶマイ・フレンド』(83年公開)にも出演したが、これといった作品も無く低迷期が続いた。しかし97年に出演した『木洩れ日の中に』では演技を評価され、いくつかの主演男優賞を受賞している。

趣味はバイクで、日本ではホンダバイクのCMで知られていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク