フェデリコ・フェリーニ監督「道」

スポンサーリンク

イタリア映画『道』は、フェデリコ・フェリーニの名を国際的に広めた作品で、無垢な小娘ジェルソミーナと粗野な大男ザンパノの、大道芸の道行きにおける魂の交流を描く物語。イタリア・ネオリアリズム最終期の作品で、フェリーニの詩的表現はイタリア映画の潮流を変えたと言われる。

ニーノ・ロータの哀調帯びた音楽とともに世界中の人々に愛されている一遍で、54年のベネチア映画祭では銀獅子賞、56年の米アカデミー賞では外国語映画賞に輝いた。

ジェルソミーナを演じるのは、フェリーニの妻でもあるジュリエッタ・マシーナ。無垢な女性の哀愁を帯びた表情が絶品で、世界中の観客を引きつけた。またザンパノを演じたアンソニー・クインも新境地を開き、役者としての幅を広げることになった。

フェリーニはこの映画を、豚の去勢を生業とする素行の悪いジプシーが、哀れな白痴の女性を妊娠させてしまったと言う、子供の頃に聞いた話からインスピレーションを得て作っている。そして『道』には、旅・大道芸・サーカス・道化・行列・海などフェリーニ的特徴が集約された形で表現されており、彼自身も愛着を感じている作品。


貧しい暮らしの家族を救うため、鎖切りの大道芸人ザンパノの助手として1万リラで買われていく、少し頭の弱い無垢な娘ジェルソミーナ。しかし粗暴で獣のようなザンパノは、ジェルソミーナに暴力を振るうわ、慰みものにするわと、その扱いは酷いものだった。

そんな扱いを受けながらも、ザンパノとオート三輪で大道芸の旅を続けるジェルソミーナ。自分が大切にされていないと感じ1度は逃げ出すが、すぐにザンパノに見つかり連れ戻されていく。孤独なザンパノは彼女が必要だったし、純粋な母性を持つジェルソミーナも、ザンパノに必要とされたかったのだ。

二人が次の仕事場・巡業サーカス団で、“キ印”と呼ばれる綱渡り芸の男(リチャード・ベイスハート)と出会う。無邪気な道化“キ印”は同じ異端児同士という仲間意識か、ザンパノを見ると、からかわずにはおられない。そして天使の羽を付けた魂の伝道者でもある彼は、自分は何の役にも立たないと嘆くジェルソミーナにその存在意義を諭す。

今まで嫌いだと思っていたザンパノを、愛情で野獣を変えられるかもしれないと期待するジェルソミーナ。だがザンパノの俗っぽさと粗暴な性格は変わらず、旅の途中で再び“キ印”に出会うと、誤って彼を殴り殺してしまう。

この出来事で、精神的に不安定となってしまうジェルソミーナ。すると大道芸の仕事にも支障をきたし始め、扱いに困り果てるザンパノ。ついにはジェルソミーナが眠っている間に、三輪オートで出発、彼女を置き去りにしてしまう。

そして数年後ジェルソミーナの死を知り、初めて己の罪深さを悟ることになる。ザンパノは残っていた良心を吐き出し、夜の砂浜に伏して人間らしい涙を流すのだった。

『道』は、社会の底辺に生きる名もなき者に純粋さを見いだし、彼らの魂の救済を、カトリックの精神性と溢れるような詩情で描いたフェリーニ初期の傑作だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク