英国圏

スポンサーリンク
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 マイケル・オーウェン

緩急の変化と一瞬の加速で相手DFを置き去りにし、天性のシュート術で得点を量産した稀代のゴールゲッター。10代にして卓越したストライカーとしてのシーンを見せつけ、世界を驚かせたイングランドのワンダーボーイ。リバプール時代にバロンドール賞選出。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ハリー・キューウェル

疾風のごとく左サイドを駆け抜け、矢のようなクロスやシュートを放ったアタッカー。アイデアとセンスに優れ、観る者を魅了するプレーで「オーストラリア最高の選手」と呼ばれた。「ヤング・リーズ」の一角としてプレミアリーグを席巻し、リバプールでも活躍。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ロビー・キーン

スピード溢れる動きでDFを混乱させ一瞬の抜け出しから相手ゴールを陥れた。高い技術と創造性を持ち、勤勉な働きで前線のどのポジションからも得点を決めたアイルランドの点取り屋。同国史上最年少の17歳でA代表デビュー、日韓W杯の活躍で注目された。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 デヴィッド・ベッカム(後編)

日韓W杯でアルゼンチンに4年前の雪辱を果たしたベッカムだが、マンチェスター・Uではファーガソン監督との関係が悪化。そんな中「スパイク蹴り上げ事件」が起こり、二人の仲は修復不能となる。その後ベッカムはレアル・マドリードに移籍することになった。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 デヴィッド・ベッカム(前編)

中盤右サイドから放たれる精度の高いクロスで多くのチャンスを演出。プレースキックの名手として数々の名場面を生み出し、端正なマスクで世界的人気を誇った。マンチェスター・ユナイテッドの黄金期を主力として支え、レアル・マドリーでも存在感を見せた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ガリー・リネカー

鋭い得点感覚と俊敏な反応で、いち早くゴール前に飛び込んで得点を生み出したストライカー。86年のWカップでは6得点を記録して大会得点王に輝き、バルセロナでもエースとして活躍した。晩年は名古屋グランパスでプレーするも、往年の輝きを見せられなかった。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ポール・スコールズ

どんなプレーも簡単に見せてしまう技術の高さで、玄人好みの識者をうならせた万能選手。168㎝の小柄な身体ながら無尽蔵のスタミナを持ち、中盤で必要とされるスキルを高い次元で兼ね備えたイングランド最高のMF。中心選手としてマンUの黄金期を支えた。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 デニス・ロー

細身で小柄ながら「ジャックナイフ」と呼ばれる切れ味鋭いヘディングシューを放ち、その闘争心溢れるプレーでファンからは「キング」と呼ばれた。ファイティングスピリットとゴールへの執念、奔放な行動やその容貌で 「金髪の悪魔」の異名を持つ人気者だった。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 スタンリー・マシューズ

“マシューズ”と名付けられた絶妙なフェイント技で多くのディフェンダーを悩ました「ドリブルの魔術師」。戦前、戦後を通して長く英国の一級選手として活躍しただけではなく、その高潔な人格とフェアプレー精神、規律正しい生活から多くの人から敬愛された。
サッカー人

《 サッカー人物伝 》 ライアン・ギグス

圧倒的なスピードと切れ味抜群のドリブルで左サイドを切り裂くプレーは「ジャック・ナイフ」と恐れられ、イングランドのみならず世界中のファンを魅了した。後年はパスを主体としたプレーメイカーに転身、正確な技術と状況判断で多くのチャンスを創出している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました