英国圏一覧

《 サッカー人物伝 》 ガリー・リネカー

鋭い得点感覚と俊敏な反応で、いち早くゴール前に飛び込んで得点を生み出したストライカー。86年のWカップでは6得点を記録して大会得点王に輝き、バルセロナでもエースとして活躍した。晩年は名古屋グランパスでプレーするも、往年の輝きを見せられなかった。

《 サッカー人物伝 》 デニス・ロー

細身で小柄ながら「ジャックナイフ」と呼ばれる切れ味鋭いヘディングシューを放ち、その闘争心溢れるプレーでファンからは「キング」と呼ばれた。ファイティングスピリットとゴールへの執念、奔放な行動やその容貌で 「金髪の悪魔」の異名を持つ人気者だった。

《 サッカー人物伝 》 ライアン・ギグス

圧倒的なスピードと切れ味抜群のドリブルで左サイドを切り裂くプレーは「ジャック・ナイフ」と恐れられ、イングランドのみならず世界中のファンを魅了した。後年はパスを主体としたプレーメイカーに転身、正確な技術と状況判断で多くのチャンスを創出している。

《 サッカー人物伝 》 ボビー・ムーア

鉄壁の守りで「サッカーの母国」イングランドをWカップの地元優勝に導き、常に冷静さを失わない姿勢と高いリーダーシップで「サ・キャプテン」と称えられたプレイヤー。的確なポジショニングとコーチングでDFラインを統率。1対1の場面でも強さを見せた。

《 サッカー人物伝 》 ロイ・キーン

旺盛な闘争心と圧倒的な存在感で常に全力プレー。チームメイトを厳しく叱咤し勝利を目指すスタイルで、その名を世界に轟かせたアイルランドの「闘将」。マンUの主将としてクラブの黄金期を支えたが、妥協を許さない性格から周囲との摩擦やトラブルも多かった。

《 サッカー人物伝 》 ケビン・キーガン

精力的な動きとスピードを生かした突破力でチャンスを作り、自分より大きな相手に敢然と立ち向かう姿から「マイティ・マウス(偉大なネズミ)」と呼ばれた。リバプールとハンブルガーSVに多くのタイトルをもたらし、その活躍で2年連続のバロンドール賞に輝く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク