「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」

スポンサーリンク

「THE W」の新たな展開

お笑い賞レース番組としては微妙さが拭えなかった『女芸人No.1決定戦 THE W』も、去年のチャンピオン「3時のヒロイン」がブレイクしたおかげでなんとか格好がついた感じ。

ただ彼女たちが売れたのは、ネタや芸が面白かったわけではなく(「アッハーン」なんてやってるの、あんまり見たことないし)、あくまで3人のキャラの賑やかさ、ユニークさにあると思う。

ということで今年の「THE W」はキャラを競う大会になると思えたが、始まってみると割と正当なネタで勝負する女芸人たちが多かったのは意外。その内容も過去3回の大会に比べると、ちゃんとネタを仕上げていた印象だ。まあ、それで笑えたかどうかはまた別だけど。

Aブロック寸評

以前はうっとうしく感じた過剰な笑い声や拍手も、さすがに4回目になると慣れてきた。この番組は最初からこんなもんだと思って見れば、もうあまり気にならないかな。しかし大会形式が1対1の投票による勝ち抜き方式って、漫才、コント、ピン芸と混在してるのに比べるの難しくない?

Aブロックのエントリーは「TEAM BANANA」「オダウエダ」「にぼしいわし」「紅しょうが」「ターリーターキー」という食べ物系が集合、あまりテレビでは見かけることのないフレッシュな顔ぶれだ。結果は「紅しょうが」が決勝進出。この中で「紅しょうが」が一番実力あるコンビなのは間違いないが、なんか他のコンビがつまらなさすぎるぞ。

Bブロックのエントリーは「Aマッソ」「ゆりやんレトリィバァ」「吉住」「はなしょー」「ぼる塾」という、Aブロックとは打って変わって実績のある芸人の顔ぶれ。抽選で選んだのかもしれないけど、ちょっと偏りすぎてないか。

「Aマッソ」は背後のスクリーンをワイドに使うという大技で勝負。本人たちは手応えを感じていたみたいだけど、変化球すぎてついていけなかったな。「ゆりやんレトリィバァ」と「吉住」は、女ピン芸人によくある “独自の世界観ネタ” で好勝負。

Bブロック寸評

Bブロックを勝ち抜いたのは、『THE W』常連の「吉住」。「はなしょー」と「ぼる塾」の漫才もそれなりに笑えたが、ちょっと新味には欠けた印象。

そして決勝では「紅しょうが」を下して「吉住」が優勝。爆笑を誘うというより、客をくすぐるという感じの  “独自の世界観ネタ” だが、「吉住」のネタは設定の面白さと演技力でしっかり笑いをとったのが、この優勝に結びついた。

しかし女芸人に必要とされているのは、ネタよりキャラのユニークさ、そしてトークの対応力やリアクションといったところだろう。ブレイクにはこのあとの番組で爪痕が残せるかどうかが大事だが、なんか地味だしなあ。

それにしても、「どうも、石原良純です」とさっそくスベリにくるなんて、マジかよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク