一覧

《 サッカー人物伝 》 奥寺康彦

「日本人プロ第一号」選手として、70年代の終わりから80年代始めにかけて当時最高峰のブンデスリーガで活躍。精度の高いパスとシュート、そして戦術に即した正確なプレーで「東洋のコンピューター」と呼ばれ、猛者の揃う西ドイツでもその存在感を見せた。

《 サッカー人物伝 》 ルイジ・リーバ

サルディーニャ島の小クラブ、カリアリのストライカーにして、唯一のスクデットをチームにもたらした英雄。ゴールキーパーを震え上がらせる異次元のパワーと左足の威力、そして鍛え抜かれた身体でゴールを襲う迫力の姿で、「サルディーニャの雷鳴」と呼ばれた。

《 サッカー人物伝 》 ゲルト・ミュラー

華麗なテクニックがあったわけではないが、抜群の嗅覚と並外れたシュートの能力でゴールを量産。60-70年代の西ドイツ代表とバイエルン・ミュンヘンに多くの栄光をもたらしたストライカー。その驚異的な得点能力で「デル・ボンバー(爆撃機)」と呼ばれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク