映画作品一覧

映画「ウエスト・サイド物語」

レナード・バーンスタインの音楽によるブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品で、シェイクスピア悲劇の『ロミオとジュリエット』を下敷きにして創られた物語。差別や貧困という社会的メッセージを盛り込み、現代の若者をスタイリッシュに描く映像が斬新。

映画「ベン・ハー」

ルー・ウォルスの同名小説を原作としたスペクタル史劇。サイレント時代の1907年版と1925年版に続き3度目となる映画化。70ミリフィルムによる212分の超大作、当時破格となる制作費1500万ドルが投じられ出演したエキストラも5万人に及んだ。

デヴィッド・リーン「旅情」

アメリカのオールドミスが水の都ヴェネツィアで出逢いと別れを経験、そして短いアバンチュール終えるというロマンチックでほろ苦い大人の恋愛物語。主演はハリウッドきっての名女優、キャサリン・ヘプバーン。その卓越した演技力と強い個性でトップの地位・・

映画「エデンの東」

巨匠エリア・カザン監督が文豪ジョン・スタインベックによる壮大な物語の後半部分を切り取り、悲劇と愛情の家族ドラマとして描いた作品。父親の理解を得られずに悩み傷つく青年キャルをジェームズ・ディーンが感受性豊かに表現し、多くの観客の共感を呼んだ。

映画「十二人の怒れる男」

12人の陪審員が1人の少年の有罪か無罪かをめぐって白熱の議論をおこなうディスカッション法廷劇。54年にCBSで放送された1時間枠のワンセット・ドラマが反響を呼び、感銘を受けたヘンリー・フォンダが製作と主演を務め、57年に96分の映画版・・。

映画「太陽がいっぱい」

地中海の太陽と海をバックにアラン・ドロン演じる美貌の青年リプリーが、殺人の完全犯罪をもくろむ背徳のサスペンスドラマ。原作はアメリカの女流作家、パトリシア・ハイスミスによるピカレスク小説。彼女の『見知らぬ乗客』はヒッチコックによって映画化・・

山田洋次監督「幸福の黄色いハンカチ」

事情を抱える寡黙な男と若者2人の道行きを、雄大な北海道を舞台に描くロードムービー。シンプルながら感動的なストーリーや出演者の好演が評価され、国内の映画賞を総なめにした名作。高倉健の渋さ、武田鉄矢の饒舌さ、桃井かおりの独特な口調を愉しむ一品。

スティーブ・マックイーンと「大脱走」

実話を元にした、ナチスの捕虜収容所から脱走を試みる男たちの群像アクション大作。監督のジョン・スタージェスは『荒野の七人』に続いてマックイーンをメインキャストで起用。マックイーンは不屈の闘志を持つ米軍人捕虜ヒルツを演じ、そのタフガイぶりで・・

ジョージ・ロイ・ヒル「スティング」

懐かしきアメリカのホラ話を、騙し(スティング)のエンターテインメントとして楽しむ娯楽快作。『明日に向かって撃て』のジョージ・ロイ・ヒル監督が、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのコンビを、再集結させた作品だ。アカデミー7部門受賞。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク