外国映画一覧

ヒッチコック「知りすぎていた男」

ヒッチコック定番の巻き込まれ型サスペンス。また、イギリス時代に制作した『暗殺者の家』をアメリカ仕様に作り替えた、ヒッチコック唯一のリメイク作品でもある。主演はジェームズ・スチュアート、ドリス・デイが劇中で唄う『ケ・セラ・セラ』もヒットした。

映画「シャレード」

63年に制作されたロマンチック・スリラーの快作。監督は『雨に唄えば』を手掛けたミュージカル映画の名手スタンリー・ドーネン。テーマ曲を『ムーンリバー』などで知られるヘンリー・マンシーニが担当。主演はオードリー・ヘプバーンとケイリー・グラント。

ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」

ヒッチコック監督が得意とする巻き込まれ型サスペンスで巨匠後期の代表作で、手に汗握る展開が繰広げられる逃走劇エンターテインメントだ。主人公が複葉機に追われる有名なシーンやラシュモア山でのクライマックスなど、ダイナミックなアクションも楽しめる。

ヒッチコック監督「サイコ」

数々の恐怖映画に影響を与えたサイコホラーの原点。原作は母親の死体を家の中に隠していた男の実話をヒントに書かれた、ロバート・ブロックのホラー小説。ショッキングなシャワーシーンと「カルフォリニア・ゴシック」と呼ばれる不気味さを漂わせた屋敷・・・

アルフレッド・ヒッチコック「裏窓」

映画の舞台となるのは、或るアパートの一室と部屋の窓から見える向いアパートの光景のみ。その限られた空間でヒッチコックが上質なサスペンスを構成、彼らしい実験精神とロマンチズムに溢れた名作である。出演はジェームズ・スチュアート、グレース・ケリー。

映画「アラビアのロレンス」

実在の英国人ロレンスをモデルに、特異な英雄の人間性を繊細に描き出した一大叙事詩。70ミリを駆使した壮大な映像と秀逸な人間ドラマが渾然一体となった名作。アカデミー賞の作品賞など主要7部門を受賞、新人ピーター・オトゥールも一躍その名を知られる。

フェデリコ・フェリーニ監督「道」

フェデリコ・フェリーニの名を国際的に広めた作品で、無垢な小娘ジェルソミーナと粗野な大男ザンパノの、大道芸の道行きにおける魂の交流を描く物語。イタリア・ネオリアリズム最終期の作品で、フェリーニの詩的表現はイタリア映画の潮流を変えたと言われる。

映画「エクス・マキナ」

人里離れた邸宅という閉鎖空間で起こる出来事を、AIアンドロイドを題材にしてスタイリッシュな映像美で描いたSFサスペンス。監督は、脚本家で映画プロデューサーでもあるアレックス・ガーランド。AI女性アンドロイド「エヴァ」の現代アートのような・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク